FC2ブログ

誠意大将軍?

今朝のニュースを見ると、オリの西選手のコメントで選択の決めては「誠意」とのこと。熱意ある言葉だそうです。
これ、よく選手が使う言葉です。しかし「誠意」ってなんでしょう。
言葉いくらよくても条件が悪ければ、それは「誠意」が伴っていないことになります。
もちろん条件も良くて、言葉の内容、印象も良ければということでしょう。
売り手が強いからこそ言えるコメントです。

その一方、オリは、オファーをかけていた西武浅村選手に交渉前に断られました。
これ、オリ側とすればかなりショックですね。球団としては面目丸潰れです。
表に出していただけになんとも寂しい話です。

あくまで想像ですが、浅村選手自身はもともと行く気がなかったんでしょうけど、普通は常識的に断りません。
席につくのがマナーとも言えます。
そう言えば、彼は他球団と交渉しているところも出していません。コメントもしていません。

もしかすると誰かの助言が入っている可能性もあるでしょうね。契約交渉などに長けている関係者とか知人とか。例えば交渉ごとが当たり前のようにあるメジャーに精通している人とか。

しかしただ一つの球団のみは交渉時の模様が公に出ていましたね。コメントこそしていませんでしたが。
そう考えると、、、、
スポンサーサイト

総額と年俸は違う

ここから野球の話題は、当分はFAの話になるかと思いますので、少し突っ込んだ話を。

紙面を賑わしている、選手へのオファー。
例えばオリ西選手へのホークスの条件内容。あくまで紙面での話ですから真意は分かりませんが、4年最大20億と
出ています。これを見ると普通は1年5億貰えるんだと想像するものです。

しかし、実はそうではありません。これはあくまで総額であり、俗に言う年譜と出来高を合わせた額です。
内訳は年俸が基本ベースであり、出来高については、成績で目標値を達成しないと貰えません。ですから総額がすんなりと入るわけではありません。

そしてその出来高の内容ですが、これは個々それぞれです。
どうでしょうか、普通は半分くらいは取れそうで、半分くらいは難しいところでしょうか。タイトル獲得、キャリアハイの成績を出せば全部ゲット出来るような設定になっていると思います。

その他のオプションとしては、オールスター出場とかもつくでしょうし、ベストナインとかもね。
おそらく西選手の今年の年俸が1億1千万(推定)ですから、どうでしょうね、年俸3億プラス出来高2億かな。出来高も今年の成績であれば獲れる額が1億くらいかな。あくまでざっくりとした想像なんですけどね。
しかしそれでもホークスが出したであろう条件は凄い。本気で獲りに行った時のホークスはどこもかなわないのかもしれません。ただ西投手はまだ年齢も若いし、故障も少なく、持っているものは能力は素晴らしいので、彼がもしホークスに行ったらエース級の活躍をするとの見立てもあるんでしょう。私も彼のボールひとつ見たら、まだまだ勝てる投手と思います。

しかし出来高というのは、面白いもので、額が大きくなると選手もたくさんもらっている感覚になってしまうものです。紙面に総額いくらなんて大金が出ると、さも良い条件と思ってしまう。
しかしどう考えても達成不可能な非現実的な出来高は絵に描いた餅です。極端に言えば、投手が、ホームラン王を獲ったら?なんていうのと同じ。そこは球団側の交渉マジックかもしれません。

決して成績だけではない

今朝、この記事が気になりました。
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181118/npb18111805010002-n1.html

仰っていることはもっとものことです。
やはりずっと同じチームに在籍、引退し、その後も指導者として長らく、そして今もおそらく関係が続いているから感じることでしょう。まさに、よその飯を食ったことのないとわからないことです。

FAは入るときこそ、三顧の礼を持って迎え入れられますが、グランドで結果を残せなければ、風当たりは想像以上のものです。ファンも厳しい目を注ぎますから、選手は逃げ場がありません。居場所もないでしょう。そのプレッシャーの補償がまさしく条件=お金です。それが慰めでもあるし、逃げ場でもあります。
だから、比較すべきものではありません。それだけのお金を出すということは、俗にいう投資と一緒です。個人が大金を出して、優良株を購入したものの、暴落、もっと言うと上場廃止株になってしまったら、そりゃ、許しませんよね。
その怒りが、全てその選手に向けられるわけです。

いかに交渉時に、自分の人格を褒められたり、相手の交渉役が非常に良い人で印象が良くても、それはあくまで選手としての実力を買っているのであって、もし結果を残せなかった時はそれはそれは冷たいものになります。

今まで所属した球団で入団してこれまでの積み重ねた人間関係や成績、その地位と時間は、野球の成績だけでは計り知れません。まさにこれぞプライスレスです。その分が年俸に乗せてあるわけです。だから成績だけではないわけです。
このプライスレスこそ、引退後や選手終盤時に生きてくるものであり、FAした選手の多くが、「あの時に残っていればどうなっていたかな」と考えることがあったはずです。

その意味がわかれば決して、おかしくないことは少しはわかってくれるはずです。


新人王

エンゼルスの大谷選手が新人王に選出されました。
本場の目の肥えた野球関係者に認められたことは、本当にすごい。

実は先日、シーズンを終えて帰国したメジャーで働く関係者と会う機会があり、その際に
大谷選手の話が出ましたが、その方も大谷君はとにかく凄いと言っていました。

キャンプOPで彼を見たときは、正直これでは厳しいなと思っていたそうですが、シーズンで見た時には見違えていたそうです。何が変わったかと言えば、一番は打ち方が全然変わっていたそうです。
これまで野手では、スピードで勝負出来る選手はいましたが、パワーで渡り合える選手は初めてかもしれません。

また彼の野球への取り組む姿勢が素晴らしいし、クラブハウスでも彼は皆んなに好かれているようで、
能力の高い選手ほど、個性の強い野球選手では珍しいほど好青年だそうです。

やっと日本でも世界に通用する選手が出てきた、、、と思うより、彼が稀有な存在であると考える方が正しいかもしれません。

まさに何十年に一人の存在です。

まだ出来る

巨人、マギー選手の退団が発表されました。
彼の今年の成績なんか、今年の巨人で頑張った選手のベスト3には入ると思うんだけどなぁ。
勝負強い打撃と、フォアーザチームの精神はチームの良い影響を与えていると私には映っていましたので
何故退団なんだろう?とびっくりしました。引退なら仕方ないですけど、若返りが理由であれば、少し言い回しが違うかなと。

ただそれもチームの方針と考えがあることですから、外野がつべこべいうことでもありません。

しかしマギー選手、他球団でプレーしないのかな?
指名打者も使えるパリーグならば尚更です。
フルでなくとも、シーズンの大事なところで戦力になる選手だと私は思います。
オファーとかないのかな。

未知数の外国人も良いけど、既に日本でキャリアのあるマギー選手ならば十分計算できるんじゃないかな。

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
123位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR