引く手あまた

今年のFAで、ここに来て売り手市場になっているのが、ハムの増井投手。
その割に大人しい印象がある中で、現在ハムの残留を含めて、巨人、オリックス、中日と引く手あまたである。
戦力で言えば、投手はポジション的に何人いても困ることはありません。そこは野手とは少し状況が違います。

しかも巨人は主力の外国人投手の去就がまだ不透明であること、オリックスは抑えがいなくなることが決まっていることで、チームに必然性が出てということでしょう。

中日も手を挙げているようですが、これは監督さんが増井投手と同じ駒澤大出身なので、そのルートで話が来たんでしょう。彼の故郷は浜松ですから、地元でもありますしね。

増井投手の要望は長期契約です。彼は現在33歳です。
来季は34になります。今は年齢などは関係ない時代。とは言いたいところですが、いろいろな面でリスクは高くなります。普通に考えれば、2〜3年が妥当です。
しかしそうは言ってられない球団にとっては先ずは目先に走るのかな、、、、。まぁ、資金力が豊富な球団はリクエストを飲むことになるんでしょう。

今回の3球団で一番有力なのが、巨人かもしれません。ここで考えなければならないのが、
巨人の抑えというのは、特別ということ。余程のハートの持ち主でないとなかなか勤まりません。外国人でないと長くは持たないとは、以前、元監督さんが話していたことを記憶しています。昔ほどではないですが、やはりその重圧は計り知れません。FAとなると、抑えて当たり前です。失敗すれば相手からも、そして味方からも厳しい声が飛んでいきます。
そこは重々考えるべきところですね。
スポンサーサイト

スターの必要性

若いメンバーで構成されている侍ジャパンの国際試合。
どうなんでしょう、盛り上がっているのでしょうか。

テレビでですが、昨日少しだけ観ましたが、球場は満員ではなかったですね。
やはりそういうところが、一番最初に目に入るし、気にはなります。

どんな試合であろうと、代表の国際試合ですから、集客は非常に大事な部分。
そこに、価値とブランドがあるわけです。

今回は、あくまで若手主体で、将来を見据えたメンバーであることを前提にしても、正直、メンバーの中に「絶対的なスター」という選手は少ないというか、いないというか、、、、・。
これが客観的な印象です。

仮に、藤浪選手や大谷選手がいると、また全然違うんでしょうけどね。

もちろん、これから球界を担う選手の集まりで、今の段階を見ることが楽しみであると言えばそれまでですけどね。
でも、そこまで若いという世代でもありません。

やはりプロスポーツでは、実力と人を惹きつける何かを兼ね備えた、すなわちスターという存在は絶対的に必要です。

そういう意味では、今回ハムに入団した清宮君、そしてメンバーに入っているオコエ君などは、有力な候補でしょう。

誰もが持つものではない、天性のスター性を持つ選手、もしくは圧倒的な力を持つ選手。
やはり必要ですね。

素晴らしい

プロ野球のベストナインでは、捕手部門でホークスの甲斐選手が選出されました。

これで彼はバッテリー賞、GGも受賞しており、今年のパの捕手部門を独占した形となりました。

ここで注目すべき点は、彼が育成ドラフトでの入団であるこということ。

彼はホークスの一番下の3軍から、這い上がって、7年目の今年、見事花開きました。
ここに来るまでには、何度も厳しい場面があったはずですが、彼は見事、乗り越え、勝ち抜いてきたんでしょう。
本当に素晴らしいことだと思います。

実は、僕は仕事の関係上、彼が入団した3軍の頃から、見る機会がありました。
場所は雁ノ巣でしたね。
その時の印象はというと、身体は小さいけれども、非常に肩が強い選手がいるなぁと思っていました。
やはり目立ってはいました。
確か、当時は拓也という選手登録名でした。思わず、彼のプロフィールを調べた記憶があります。
当時は、彼と柳田選手が印象的でした。

今の彼があるのはもちろん彼の努力と才能の賜物ですが、ここに至るまで決して恵まれない環境こそが彼を造ったんだと思います。

もしかすると、普通に支配下で指名されて、恵まれた中でやっていたら、今の彼はなかったかもしれません。
この7年間という時間は、彼を作る上では決して長くはなく順当な時間だったということではないでしょうか。
それは野球だけではなく人間としてでも。

日本では7年目であれば、遅咲きという言葉を使いますが、高卒であれば、実は適正な時間なのかもしれません。しかも捕手ですから、育成には時間が掛かります。
しかし一度出来上がると、長くプレー出来るポジションでもあります。

ホークスは長年、正捕手に悩まされてきましたから、ようやくその問題から解消されつつあるのかもしれません。

ただ甲斐選手だって、まだ今年がゴールではありません。来年も正捕手が確約されたわけでもありませんし、まだまだ課題は山積でしょうし。球団も、甲斐選手の刺激となるべく、新しい捕手を今後も指名、獲得していくことでしょう。そうやって競争を激しくすることでチームの戦力を底上げするわけです。

このシステムを作ったホークス、そして彼を育成で指名したスカウティング力も褒めるべきでしょう。

セカンドキャリア

トライアウトが昨日行われました。
前ホークスの大隣投手など、実績のある投手も参加したようです。

プロだけではなく、アマも獲得が出来るので、社会人野球関係者等も会場には来ていたことでしょう。

そんな中、少し気になったのは、昨年引退し、一般会社に就職した選手の参加でした。
何故かと言うと、その彼は、野球を辞めた後のセカンキャリアでの働く姿がテレビでも取り上げられていたので、、んん、どうしたんだろうか?と思ってしまいましたね。
(私の認識では、野球選手としては踏ん切りをつけたように記憶していたので)

もちろん、この世界の厳しさを知っているでしょうから単なる興味本位ではないでしょう。
ある種、テレビ用にとかではなくてね。

勤務している会社からも後押しされたのでしょう。しかし、すなわち受かったら球界に復帰するわけですから、今の会社を退社するわけです。つまりは、やはり、野球への未練、夢を諦めきれなかった、、、もっと言うと今の仕事よりも、と言う思いに駆られたんでしょう。
これは野球を辞めた、ほとんどの人間が一度は思うことでしょうけど、外に行くことで、野球界がいかに自分にとって恵まれたところであったことを思い知らされます。一般社会が、自分の勝手の知らない世界であり、何も出来ない自分をもどかしく感じるものです。

トライした彼は、元々の能力は高かったし、年齢的にも取り返しが出来るかもしれない最後の時期にいることも確かです。
彼が挑戦する気持ちはよく分かります。
彼が今年一年で、今の職場で頑張るよりも、もっと野球をやった方が良いと考えるのは自然の成り行きでしょう。

おそらく、彼は今回、プロ球界に復帰出来なくても、プレーヤーとして、独立リーグのチーム、もしくは社会人チームに進むのではないでしょうか。(プロ以外は行かないと言う決め事もありかもしれませんけどね)

私は、彼の前途を応援するとともに、やはりプロ選手の引退後、セカンキャリアと言うのは非常に難しいという現実を改めて思い知らされましたね。

FAの行方

FA、それぞれ動きがありました。

今年一番注目された、ハムの中田選手は残留するようです。
記事によると、球団の来季の年俸提示は8000万のダウンということですが、本人は「球団から必要とされた」とあり残留を決めた経過が記載されていました。おそらく彼の本心は違うものかもしれませんけど、取り敢えず体裁は繕えた感じでしょうかね。

でも懸命な判断です。彼はまだ若い。今年は成績があまりに芳しくなく、他球団も手を挙げるにはかなりの勇気が必要でした。
と言って、自ら減俸してまで移籍する必要は全くありません。
彼は元々、力があるのですから、来季しっかりと成績を残し、堂々と宣言すれば良いだけです。
もっと高いステージが待っているかもしれません。この悔しさが糧になれば、彼にとっては無駄な一年にならないはずです。

その一方で阪神の大和選手は移籍しそうな気配です。
彼の場合は、おそらくですが優先順位としてレギュラーとして試合に出場したいのではないでしょうか。今のチームでは、使い勝手の良いユーティリティープレイヤーで終わってしまうと感じているのでしょう。

金本監督自体も方針として若手を育てたい意向が見えるし、タイプとしてパワーのある選手を好む傾向もあります。
もちろん、大和選手がいてこそ、若手が育つ環境でもあるんですけどね。
チームにとって本当に貴重な選手なんですけど、かと言ってレギュラーの確約までは出来ないので、なかなか監督自体も強くは言えないんでしょう。

本当にどうしても、、、と残って欲しければ、おそらく監督自体が交渉に乗り出しますよ。だって去年の糸井選手の時はやったんですから。

大和選手もその辺の事情は理解しているはず。その上で彼はプロ野球選手として、最後のチャンスとして賭けに出たんです。おそらく移籍先では、彼にレギュラーの確約をするでしょう。しかも金銭面と将来的な面でも好条件が用意されるはずです。愛着のある阪神というブランドを選ぶか、それとも、、、、、、、既に手を挙げた地点で決まっているように思います。

さて、個人的には一押しだった西武の炭谷捕手。彼は残留のようです。
うーん、情報と違っていました。外れました。 でもなぁ、勿体無いかなぁ、、、と。

FAは年齢も関係ありますし、脂が乗り切った時に自分を売らなければなりません。選手は人間である以上、一年経つごとに賞味期限じゃないですけど、価値が下がることがほとんどです。

しかも需要と供給が一致しないと成立しません。

選手が生き物であるように、チームも生き物です。チーム状況は常に親会社も含めて刻一刻と変化していきます。
投手であれば、何人いても構いませんが、野手となると、どんなに成績が良くて、本人が希望しても、相手にニーズがなければ移籍することは無理です。これぞタイミングなんですね。

そう考えるとFAへの興味は尽きませんね

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
85位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR