セカンドキャリア

先日、NHKでJリーグのセカンドキャリアについての
特集を行ってた。
人それぞれ。

解雇されても、まだプロサッカーに固執する人。

引退後は、さっぱりサッカーとは違う仕事を選択した人。

Jりーグの組織に属して、サッカー関連の仕事をしている人。


すごく興味深く見させてもらった。

境遇とすれば、僕が居たプロ野球界とまったく同じ。

ただ、ひとつ違うこと。

それは、Jリーグ自体が「引退後の選選手」の支援を
積極的に行っていること。

組織の中に、セカンドキャリア支援室(確か)という部署を設けている。

これは選手にとっては心強い。
おかしい話だけど、心のケアまで行うそう。

この利益にならない業務について、重きをおいている
Jリーグには敬意を表する。

プロ野球界にはそのような組織はない。
選手会という団体はあるけど、そのような救済組織ではない。

あくまで第一線の選手のための組織としての色合いが強い。

最近はその力を高めており、いい意味でも球団側と対等に
話せるところまできたと思う。

それはそれでいい思う。

Jと野球界とは全てが違う。

契約金も違うし、年俸も違う。選手寿命も違うだろう。

しかし、長いスパンでのビジョンはJのほうが上でしょう。

僕だって、38歳になって朝の通勤電車に乗りたくない。

これだけ、現役と引退後の境遇が違うとは、正直
予想はしていたが、思わなかった。

だからこそ、僕がやりたい仕事とは、プロ野球選手も
入団した時から、ライフプランをしっかり設計させること。

引退後も、あせることなく、セカンドライフに入れること。
お金や、スキルに困らないこと。

要は、自分の身は、自分で守るということ。
それには、少ないないお金を払っても
チームとして自分を高めていくことだと思う。

普通の会社は、顧問弁護士や会計士は存在する。
選手だってひとつの会社。

その意識がこれから必要でしょう。

その為にも、今日も僕は通勤電車で乗る。
スポンサーサイト

松坂発言を探る

昨日、松坂が切れたらしい。

野手陣の不甲斐なさをコメント。

よっぽど頭にきたのだろう。
これまで、人を批判したことなど一度もなかったからね。

僕が見る限り、今年の西武の守備はひどい。
目に見えないエラーを含めると、相当だ。

確かに若い選手が多く、発展途上かもしれない。
ただ、その姿勢に問題ありかも。

松坂が言わんとすることは
「打撃練習もいいが、守備もしっかりしてくれ」だろう。

エラーがどれだけ、大きいのかわかっていない。
しかも、その責任を感じていない。

自分のエラーが原因でチームが敗けても、その日にホームランやヒットを
打てば、「まぁ、いいや」という風潮があるのだろう。
これじゃ、投手はたまらない。

メディアに取り上げられるのは華やかな打撃ばかり。
当人も守備の重要性がわかっていない。

投手からすれば、首位打者とっても、守備がわるけりゃ
4打数6安打打っても、割が合わない。



実は野球は、投手は1人。野手は8人。
投手は孤独なんですよ。

僕は、現役の時に、0-1で敗北した。
(一生に一度あるかの好投だった)

かなり落ち込んでいたが、帰りのバスの中
野手は
「今日はタコった」なんて笑いながら話していたのを憶えている。
こっちは、
「てめえあら打てよ」なんて思っていてもいえないし・・・・

所詮、1人なんだと思ったもんね。

野手はエラーしても、打率は減らない。目立たない。

今年の西武は、特に守備の意識が薄いように思う。

昔の西武は、そつのないチームだったはず。
目に見えないプレーを重視していた。

伊東監督が
「それをおぎなってこそ、エース」とコメントしていたが
9敗もすりゃ、怒るのも当然。

なんせ防御率が2.36だからね。

猛暑

今日も暑くなりそう。

通勤電車は、朝から満杯。乗ってるだけでサウナ状態だった。

これでスーツは痛い。

さて、四国では独立アイランドリーグが始まっている。
確か、4月からだったかな。

石毛さんが主宰して行っているいわゆる「日本初 独立リーグ」なんだが
どうなんだろう?
いい具合なのかな?

初めて行う事業だから、最初からうまくいくわけない。

ただ、社会人の野球チームが減る中、野球がやれる環境を作ってくれている
ことを考えれば、是非とも応援しなければならない。

採算がとれなければ、地元自治体からの補助や
プロ12球団が、補助金を捻出することもいいかも。

だって
この中でいい選手は、プロに進む訳だから、
育成機関として考えてもいいはず。

石毛さんは、住居を四国に移したそうです。
本気なんでしょう。

頑張ってほしい。

2000本安打

広島の野村さんが、2000本安打を達成した。

本当に「おめでとうございます」。

大卒での達成。価値ある記録だと思います。

僕は、二年間、ご一緒させて頂いた。

ノムさんが、年が一つ上だったが、その存在感はカープでは絶大だった。

個人的には、ノムさんとは大学が親戚関係(どんな関係?)だったので
色々とお世話になった。

試合前のミーティングでは、ノムさんにコーヒーを作る係りだった

当時、私は30歳。かなり年齢の高い、付き人だ。

野球に対しては、技術うんぬんよりも、精神的なものが
大きい人だと思う。

駒沢の色が大きく反映している。

だから、乗っている時と、そうでない時の差が激しかった。

球団も将来の幹部候補生として、VIP待遇。
おそらく、浩二さんの次の監督だろう。

雨の季節

野球選手は、この時期、意外と好きなんです。

梅雨時で、コンディションを整えるのが難しいのですが。

でも「雨」で試合が中止になるのが嬉しくて!

どうせ、後日、試合を行う訳ですから同じなんですけども、何故か嬉しい!

プレッシャーからの逃避かも。でも嬉しい!

朝、起きて、カーテン開けたら、大雨なんてだったら
「まさに、お喜び」! 


ただ今は、ドームが主流なので、雨が降っても中止になることも少なくなりましたが・・・。(うーん残念)

ですから、選手は天気予報にはうるさい。

前日は、必ずチェックしますし、どの予報士が当たる確率が高いとかなんとか。

当日、ゲームが出来るかどうか、連盟と営業(球団)がアメダスで決めます。

だから屋外球場でも、人工芝であれば、今、大雨が降っていても、雲の流れで
6時には上がるなんての予想が可能なんです。

仮に、対戦相手が、巨人なんてだったら大変!

放映権や既に売れたチケットを考えて、営業は意地でも行いたい。
反対に現場は「ケガするやんか!」なんだけど。

広島なんて、試合成立の5回まで、どんなに大雨降っていてもやっていたモン。

相手(特に巨人)からはヒンシュクものでしたよ。

そして、5回が終了したら、
ベンチの裏で、営業と責任者が握手していたからね。

選手は泥沼の中、足をとられて、ケガ寸前なのに・・・

経営も理解するが、これでは、優勝なんて無理だし。

まぁ、カープの場合、優勝されたら困るらしいのですが。
(当時なんで、今はわかりませんが)

交流戦

交流戦は面白かった。

でも、少し長かったかな?・・・。飽きたというか

いっそ、二部制にした方が良かったかも。

さて、この交流戦でパリーグ全球団、収益が上がったようです。

西武なんか、35%の伸び。これは相当ですね。

一方、セで見ると、ヤクルトが25%ダウンで約4分の一が減った計算となる。

普通の会社であれば死活問題でしょうね。

そういや、ヤクルトって、意外と人気がないんですね。
ありそうなんだけど。

場所も、神宮というおしゃれな好立地なんですけどね。
少し地味なんかな?

選手は古田さんはじめ、キャラクターもそこそこいるように思うんですが。

営業戦略が悪いのかな?

バックにはフジTVがついているし、いいイメージもあるんだけどね。

不思議です。

貴乃花騒動

ワイドショーが盛り上がっています。

「貴・若騒動。」

最近では、貴乃花がTVに出まくってます。喋り捲ってます。

どうしたんでしょうね?

僕は、仕事上、冷静に見ています。
二人とも、スポーツ選手ですからね。

内容も知りません。どちらが良い、悪いなんかも
わかりません。

ただ、お金が絡む話で、互いに公人に近いので
イメージを守る必要があります。

今まで築き上げたブランドを守らなければなりませんから。
仕事ににも響きますし・・・・。

特に、お兄ちゃんはスポーツマネジメント会社に所属しているので
僕はその対処と動向に注目しています。

「彼をどうやって守るのかな」と。


また貴サイドも奥さんがマスコミ出身なので、メディアにパイプがあるはず。
おそらく後ろで、情報操作しているブレーンもいるでしょうね。

今のところ、お兄ちゃんサイドは沈黙しています。画面上では。
ただ、週刊誌等の雑誌系では、第三者を使って反撃している。
「家政婦は見た」とかなんとか!
これは間違いなく、事務所の力が働いています。

僕のあくまで、読みですが
貴サイドは、普通だったら、別にTVに出る必要はありません。
相撲が本業ですから。好感度も関係ないし。

しかしああやって、異常ともいえる露出は、彼が極めて不利な状況を
示しています。

おそらく、遺産相続などで自分に不利な環境なんでしょうね。

でも、きちんと相続しなければならない事情があるんです。
だから訴えてるんでしょうね。

見てると見苦しいんですが・・・・。

今のところ、黙して語らずのお兄ちゃんに軍配があるように思いますが。

解説者

野球の解説者って面白い。

人それぞれですからね。

おそらく、一般の方と
一応、プロまで野球をしていた僕との受け取り方は少し違うかもしれない。

僕が”いいな”
と思う人ランキング

3.掛布さん
  選手を君づけしているのがいい。というか
  リスペクトしているので、選手側からの受けがいい。

2.江川さん
  洞察力がすごい。結果でものを言わない。
  たとえ、今、投手が抑えていても、
  「今日は良くない」とびしっと言っている。
  これは、非常に勇気のいることで、自分の発言に責任を持っている証拠。
  当たる確率も高い。

1.星野さん
  もう、解説者の粋を超えている。言葉にも力がある。
  学校の先生が、生徒を見る目で発言しているよう。
  選手から見ても、かっこいい。一種カリスマだ

ワースト
  栗山さん
  結果論を言わない。どっちつかずの発言。いつも選手の味方。
  これは、選手を取材する時の為だろう。

  駄目なことを駄目と言えなきゃ、解説者とは言えない。
  僕には、日曜の朝、放送している関口宏とダブってしまうのだが・・・。

阪神 藤川に驚き!

阪神の藤川投手。

マジ、いいっすね。ストレートなんて、ホップしてるもん。
球速もあるし、それ以上に切れがある。

あの球投げられたら、打者はなかなか打てないだろうね。

しかもコントロールもいいし・・・・
まさに鬼に金棒。

この藤川が健在ならば、阪神は果てしなく、Vに近いんじゃないかな。

さて、巷では藤川の登板過多なんて言っているかもしれないが
優勝するには、「藤川のように活きのいい選手をどんどん使う」ことは必須。

仮に潰しても・・・。

優勝するには、その年に実力以上を発揮する選手が必ずいます。
実は、その選手のためにもなります。
つまり旬な時期に、思いっきり起用することはいいことです。

おそらく、藤川もそうは疲れていないです。
だから、今年インパクトのある活躍をすることが藤川のためにもなるんです。
また、藤川投手はフォームがいいので、故障しづらいはず。

いやー、でも驚いた。 ホント、いい投手です。

ジャーナリストにモノ申す

今日、テレビで西武の「おかわり君」こと中村選手の特集をしていた。

その中で、著名なスポーツジャーリストが
「もともと、パリーグには魅力のある選手は幾らでもいた。でも
このように、取り上げられるのは、交流戦のお陰」
といかにも”らしい”総括をしていた。

「おい、嘘言うな! 彼は久々に出たキャラクター。
パ同士で行ってきた時から、注目されていた選手で交流戦なんか関係ない。」

他の件ではわからないが、まじっ、いい加減。

去年のスト騒動から、いかにも正義の代弁者のように話しているが
どうもワシは、このジャーナリストに納得できん。

このジャーナリスト、今までも、野球界のあら探しばかりしている。
例えば、チーム名。
「企業名は入れるな。メジャーでは当たり前」なんていっている。
そしてJリーグについて絶賛している。

でもおかしいよ。
Jリーグは、確かにチーム名には企業名は入っていないが
ユニフォームは、企業名ばかりだ。
正直、かっこ悪い。選手がサンドイッチマンに見えて仕方ない。

一部のチームを除いて、街で着用しようなんて思わないもん。
鹿島も「トステム」なんて入っているし・・・。冊子かい!

プロ野球のほうが、全然かっこいいじゃん。

普通に考えれば、企業名を入れるのは仕方ないんだ。
そうしないと、チームを持つメリットがまったくない。

地域貢献なんて言ったって、人にわからないと意味もない。
ボランティアなんてできないよ。相当に高い出費だから。

まぁ、政治でもあるのだろうが、現体制の批判をするのは非常に楽。
このジャーリストも、これでメシ喰っているのだろうし。

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
53位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR