清原報復宣言

清原の死球報復宣言。

迷彩服での発言は本人の意思だったのかな?
あまりにマッチし過ぎた感がるんだけど。

さてこの発言。

これは清原に分が悪いだろうね。

というのは、今の現役投手で
清原に故意で当てる投手はおそらくいないと思うから。

なんせ清原は今の球界においてはシンボル的な存在。
そう、若手には雲上の存在だろう。
すでに一選手ではない。

だから、清原の内角を攻めるときには、相手バッテリーは相当な神経を使っているはず。

これは普通の選手とは比にならないものだと思う。

だから清原の死球映像を見る限る、故意的なもはない。

それに比べ、先日の巨人ー阪神戦の金本に対する巨人バッテリーの攻めは
凄かった。

勿論、金本が避けるのが上手い事が前提なんだろうが、世界記録を達成した選手に
あそこまで攻めれることに逆に凄いなと思っちゃう。

これが清原なら・・・・・・と。

清原の弱点は間違いなくインコース。
相手バッテリーはここを攻めないと抑える確率が低くなることは知っている。
しかしこれまでは、コントロールの悪い投手は、ほとんど内角を攻めなかったはず。

それは清原に対し、尊敬に等しい暗黙のルールがあったと思う。

特に制球の悪い投手が、
「当てたらごめんなさい」といういい加減な技術と気持ちでは攻められなかった
はず。

それが逆に清原から
「報復宣言」したばかりに

ならば、
「俺だって守るものがある。生活の為には攻める」という投手心理が
沸いてくると思う。

開き直りかな。

清原だって、今まで相当な辛い思いをして今回の発言だったのかもしれないが
逆に相手投手の闘志に火を付けたかっこうになってしまったと思う。

そういや、先日、清原と仲のいい、大魔神が、ラジオでこの問題について
次のような発言をしてた。

「内角の厳しいコースを攻めるのもプロ。そのボールを避けるのもプロ」と。






スポンサーサイト

色々なコメントがありましたね。

ひとついっとくけど、僕はこのブログが生業ではないし、
一ファンとして、思ったことを書いているだけ。

だから逆に、様々なコメントがあっていいと思う。

おかしいと思えば、おかしいと言ってくれればいいしね。
否定なんぞしません。

どんどん言ってくれればいいと思う。

ただ業界に在籍した上で、業界を知っているのは確か。
業界にいる人がいえない、言いづらいことを書いているのも事実。
でもそこに正義感があるわけでもないしね。

だから不快な人は、読まないで欲しい。
嫌なら読む必要なんてないんだし。


僕がたいした選手でなかったことなんかも、自分が一番知っているよ。
だから通算2勝と言われてもなんとも思わない。
逆に2勝で11年いたんだから、凄いと思うよ。
1勝するのに、5年半。オリンピック開催よりも
確率が悪いもんね(笑)よく居られたもんよ。

素直にそう思うし、よくチームメイトに
「しつこいね」と言われてたし。

ただ、縁故はなかったけど。

また、プロ野球に未練があるとも書いてあったけど、全くないね。
駄目で辞めたんだもん、これ以上は無理。

セカンドキャリアなのに、全く違うじゃないかというものにも
ホント、その通り。
自分でも「こりゃ、おかしいな」と思うもん。

でもいいじゃない。それもありで。














私物化?

先日、二軍の試合、巨人対楽天を観に行った。

ジャイアンツ球場だったんだけど、お客さんの多さに驚いちゃった。

平日の昼間なのに。というか、僕もその一人なんだけど・・・・・
入場料も700円と有料なのに、この多さ。

天候の良さにも誘われて未来のスターを発掘しにきたんだろう。

でも、久しぶりにファームの試合を観戦したんだけど、結構面白かった。

その中で楽天に、気になる選手がいた。

捕手の長坂と中谷。

長坂は打撃が良いし、元気がある。
相手投手は実績のある野口だったが、ホームランをかっとばした。
パワーもある。

中谷は、今年、阪神から移籍した選手だが、ドラフト1位で入団しただけあり
肩がいい。リードもいい。

なんだいいじゃないか!楽天捕手よ。

捕手なんかは守りが良ければ、十分戦力なる。
バッティングなんか、一軍にいればどうにでもなる。
まず守備なんだ!

なんで?野村さんはこの二人を使わないのかね?

確かに、今のレギュラーが力があるのならば、別なんだけど、実際
上で使えるのは藤井のみ。

繰り返すけど、カツノリなんか使えない。

一場と「明治バッテリー」なんかかこつけて、起用しているだけで
肩は弱い、打撃だって1割台、年齢は30代。
一場は力があるんだから、誰と組んでも変わんないよ。

ただ性格は良いらしいんだけど・・・・

でもこれって、プロは関係ない。
いい人が使われるなら、プロ野球なんて存在しないもん。

考えれば、ヤクルト時代、阪神時代も自分が監督している時に
必ず息子がいるんだよね。

ヤクルト監督の古田さんも
決して野村監督を恩人とは言ったことがないはず。
やはり嫌がらせを受けたんだろうね。

阪神の矢野も然り
「あいつは思いやりがないリードや」でカツノリを持ち上げるだけだった。

先程の長坂や中谷。きっと彼らもこの不公平さを思い切り感じているんだろう。
「どんなに頑張っても、俺らは使ってもらえない」と。

1軍の藤井だって、やりずらい事、この上ないだろう。

野村さんの周囲のコーチも、生活がかかっている。
誰一人、カツノリ不要論なんて唱えないだろう。

解説者も、取材しやすくするためだろう。
カツノリをせめることはしないし、逆に野村さんを褒めちぎる。
こっちは観てて、聞いてて、呆れてしまう。

まさに野村家の楽天私物化だ。

こんなチーム、勝てる訳ない。

チーム内で問題になんないのかな?

正義感の強い山崎武あたり、言いそうなんだけどね。






ベイ

ベイと巨人の3連戦。

金曜日はお客さんが入ってなかったなぁ。

先日のヤクルト戦も1万にも満たない入場者数。

なんでだろう。

ベイの本拠地、横浜スタジアムは立地条件はぴか一だと思うんだけどね。
関内駅徒歩1分。近くには中華街はあるし、元町はとなりだし。

巨人の人気が落ちたというよりも、ベイの魅力がないと言うほかない。

スターが育っていないと言う証拠だろう。

大魔神が主役となって優勝した時には、メンバーが揃っていた。
38年かかって、やっとチーム骨格が出来たのにね。

佐々木、谷繁、斉藤隆、野村、進藤、ローズ、駒田、斉藤、波留等々。

今残っているメンバーでは、石井、佐伯、川村、三浦、鈴木か。
そりゃ、強かったね。

しかし翌年からは見事に落ちてった。

これはやはり球団の編成戦略ミスだろう。
次世代の育成を怠った訳だから。

ベテランから若手へのシフトが出来なかった。
しかも生え抜きを放出し、都合のいい選手を残してしまった。

シゲ(谷繁)なんか、扱いづらくても残すべき選手だった。

また、契約もまずかった。
斉藤隆には、FAで3年か2年契約で年俸2億4千万。
石井、鈴木もそう。

この3人に至っては、全くの契約ミスだ。

ここ近年まともに年収に見合う働きをした選手は皆無だ。
タカシなんかメジャーに行っちゃったしね。

この皺寄せを被ったのが、中継ぎ陣。
加藤、川村、木塚。去年あれだけ頑張ったのに
年俸が上がらない。

それじゃ、やる気失くすよ。ほんとに。

今年も健気に投げている姿を見ていると
空しくなるもん。

出すべき選手に出さずにね。

ベイはTBSが親会社として必死で人気獲得の為に
PRしているが、今のところ効果が出ていない。

とんねるずの石橋さんも必死で応援しているんだけどね。選手より
石橋さんの方が必死さが伝わるんだけど。

僕も在籍した球団だからわかるんだけど上の方が
結構、派閥争いがあるんだよ。
だから、一貫した戦略が取れないんだろうね。




コメント

選手会について、面白いコメントがあった。

確かに、経営陣に透明性を要求するのならば
選手自身もこれまでの裏金授受を自白しなければならないだろう。

でも、そうなったら球界がひっくり返ることになる。
今、活躍している選手達が、プレーできなくなるかもしれない。

あるサイトでは、野茂の代理人で知られる団野村氏が
選手会について言及していた。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20060406/101054/


団氏は、メジャーでビジネスをしており
ある意味、本場を知っている一人だと思う。

その内容は、僕とすれば非常に興味深いものだった。






広島カープ

広島にドームが出来る?そうなんだけど
今朝の記事では、カープのオーナーが
難色を示しているという。

そりゃ、そうだろう。
カープは入場者数は多くないし、球団自体
「独立採算」だ。

赤字は許されない。

だからこそ、FA選手は引き止めず、移籍金を確保し
ドラフトでも契約金の安い高校生を中心に獲っているわけだから。

そういえば、二軍の練習場なんて、広島ではなく
山口県の由宇というところにあった。

山の中腹にあり、ゴルフ場が下に見えるような僻地だ。
田舎なんてもんを超えている。(今はどうなんだろう?)
僕は、昔、NHKの番組
「明るい農村」で見た風景だと思ったもん。

広島の宮島から、高速道路に乗って約1時間強かけて行くんだけど
これは正直、きつかった。

朝、6時に家を出てたからね。

まぁ、それが嫌なら、早く一軍に行けと言われたら
それまでなんだけど。

これだって、広島県内にいくつか候補地がありながら
金銭的な理由で、由宇にしたはずだ。

話はそれたけど、そんな球団事情だ。

仮にドームが出来たら、使用料はもちろん高くなるだろう。
これは球団にとっては痛いなんてもんじゃない。
死活問題だ。

今まで球団は、消化試合には警備員を減らすほど、コスト管理に徹底しているほどで、オーナーが難色を示すのも無理はない。

ちなみに、広島市民球場をカープのあるコーチは
「世界文化遺産だぞ」と笑って言ってましたが。。。。(うーん懐かしいなぁ)

今後、カープは存続するにしても
松田オーナーが、球団を保有できるかが大きな問題となるのかも知れない。

確か昨年、ホリエモンがカープ買収に動いたなんてニュースがあったし。

このドーム。広島の人はどう思っているのだろうか?










楽天

楽天が今年も苦しんでる。

去年と勝ち星が余り変わっていない。

やはり、思い切りチームを改革していかないと
このチームは変わらない。

大監督、野村さんを招いても変わらんし。。。。


全体的な補強は必要だろうけど、一番のポイントは捕手だろう。

捕手は、守りの要。
グランドの監督だ。

それが日替わりで変わるようではチームが低迷するのも
無理はない。

ロッテのように、里崎、橋本の実力ある選手ならば
併用もわかるけど、楽天はちと違う。

できれば、西武の岸谷のように、将来性有望な選手を試合で育てるしかない。
創設当時の西武が伊東さんを、野村さんがヤクルト時代に古田さんを
育成したように一軍で我慢して起用することが必要だろう。

今の楽天の捕手で云々言うわけではないが
今後十年チームを背負っていける人材の発掘、育成が先決だと思う。

願わくば、身体が丈夫で肩が強い選手。
そして、自己主張型捕手ではなく、投手が投げやすい投手優先型
の捕手を育てて欲しい。

僕が出会った中で、一番よかったのは、
中日の中村さん。この人は、投手を大事にしてくれた捕手だった。

考えてみれば、この捕手を育てたのは星野さん。
納得です。


二段モーション

今年から、投手は二段モーションが禁止となったが
その影響が結果となって出ている。

横浜三浦、中日岩瀬。
楽天の岩隈に至っては肩の不安も
あるのだろうが、未だ未登板。

やはり、投手にとってフォームは生命線。
変えることは、相当なリスクがある。

本人たちにとっては、上投げを下手に変わるぐらいの感覚ではないだろうか。

打者からみても、投手の二段モーションがなくなったことは
大きいアドバンテージだ。

タイミングが取りやすくなるもんね。
つまり打ちやすくなるわけ。

特に、三浦、岩隈なんか、モロだったから。
タイミングを合わそうと思った時には、試合が終わってしまったなんて
ケースもあったはず。

だから、打者からすれば、今年の彼らは、違う投手として捉えてくるだろうね。

なんか新聞で見たけど、ある球団の首脳陣が三浦について
「ボールに重みがなくなった気がする」とコメントしていた。

精神的なものにしても、それだけでも打者有利と言える。
すなわち、三浦にしてみれば、
開幕戦にびしっと抑えて、外野の声をシャットアウトすることが
重要だった。

周囲では
「去年まで、彼らもランナーを背負っての投球もしている訳だから
セットでの投球をすれぼいい」

ということになるけど、それはまた感覚的に難しいものがあると思う。

でも投手からすれば、本当に受難の時代だ。

ストライクゾーンは狭いし、ボールは飛ぶし、球場は狭いし・・・・

ホークスの松中がホームランを連発しているけど、これがメジャー球なら
どうだろう?
外に広いストライクゾーンならばどうだろう?

そう思うと、少しは投手にアドバンテージな規則を導入しないと
打高投低はなくなりそうもない。






新潮記事において

先週号かな?週刊新潮の記事。

選手会事務局長についてだけど、これが本当だったら
とんでもない事であり、これは真相解明をする必要がある。

勿論、嘘であるならば、事実無根として訴えるぐらいのしないと
選手会の権威が損なわれるだろう。

でも、僕が選手時代にも選手会事務局の人が、金銭トラブルで
行方不明となったなんて噂もあった。

今、選手会の中にあるのかわからないけれど、やはり選手会自体を
監視する第三者機関を設置したほうがいい。

しかも色々な分野の有識者の方々で。

プロ野球実行00委員もいいけど、こちらの組織編成も急務だと思う。
なんせ、野球選手は、年度収支報告書なんて、読まないしね。

選手会事務局の中で、どのようにお金を使っているのかなんてわからない
だろうし、ましては、質問追求する選手なんていないだろう。

細かく言うと、交通費、新幹線はグリーン車か普通車か、自由席か?
トップはグリーン車、新人は自由車なのか?

泊まるホテルのランクは?食事は?

くだらないようだけど、そこまで監査する必要があるのではないだろうか?

そこまで徹底したシステムを構築しないと、団体として成長していかないと思う。

まぁ、僕に杞憂であればよいが・・・・・。







観戦して

昨日は、ドームの巨人横浜戦を観戦した。

開始前、水道橋駅付近からドームまで、人、人、人。

まだ、開幕2戦目だろうなんだけど、野球熱の盛り上がりを感じた。

僕の席は、は一塁内野側で結構な場所だった。

でも満員なんで、身体の大きい自分にはかなり狭く感じたね。

いつもは、テレビもしくはベンチから見ているので
このような観戦には正直、戸惑いがある。

試合は、横浜が大勝。
昨日のお返しをした形となる。

さて、僕が感じたのは、やはりこのように来てくれるお客さんへの
感謝の気持ち。

僕も勤め人なんで思うんだけど、時間とお金を使って
試合を見に来ることの大切さを選手は、感じなきゃいけない。

しかも入場料も安くない。
となりの席は、家族連れ4人で見ていたんだけど、飲食含めると
安く見積もっても2万円を超してしまうだろう。

この2万円という金額、サラリーマンにとっては痛い。

この犠牲を払っても見に来てくれることへの意味を選手は
理解する必要がある。

こんなこと、僕も野球をしていた時には、思いもしなかったけど、
やはりプロは、その対価にあったプレーをしなければならない。

それには、一試合ともおろそかにしてはいけないし、緩慢な
プレーをしてはいけない。

また、プロとしての技術を備えて出場する義務もあるだろう。

もっと紐解けば、選手は、試合の為に
日々、節制準備しなければならない。

でなければお客さんへの配信行為だ。

どうだろう?
新人は研修として、自費で試合観戦を義務付けるというのは?
しかも外野で応援、立ち見での応援等々。

どれだけの人が、貴重な時間とお金を費やして
自分たちの試合を楽しみにしているんだということ
を理解できるはず。

親子連れの姿なんか見ると、グッと来るものがある。

これは、僕だって今だからわかること。

球団幹部の方。

一度試してみたら・・・・。



これに関することだけど
週刊新潮で残念な記事が載っている。

内容が本当であれば、とんでもないこと。

この件については、また次回書いてみることにする。

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
783位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
127位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR