巨人失速

失速の原因は、上原離脱と書いたけど
もうひとつは、少しチーム自体の調子が落ちているみたい。

流れが全てうまくいかない。
選手個々も調子が落ちている。

ベテランが多いせいもあるだろう。

まぁ、その時期だと思う。

また、4月が良かっただけに、他のチームが巨人戦にエース級を合わせてくる。
もともとのローテーション編成もあるんだろうけど、
全国放送の巨人戦に活きのいい投手を当てていることもあると思う。

パにとっても、強い巨人に勝てば、全国にアピールできるし、
チームに勢いがつく。

毎回エース級と当たるわけだから、野手にとってはきつい。

しかしこの現状には、我慢するしかない。
選手の調子が上がるのを待つしかない。

ホント、それしかない。

まだ、巨人は貯金は8つほどあるはず。
そんなに悲観することはない。

勝負事は生き物。
今が良くても、先はわからないし、逆に今悪くても、ずっと続くわけではない。

巨人はこけると、目立つだけで、何かのきっかけを掴めば
また上昇していくと思う。


スポンサーサイト

巨人陥落

開幕まで、首位を走っていた巨人が、
2位に陥落してしまった。

原因は幾つかあるんだろうけど、やはり、エースの上原がいないことが一番だと思う。

エースと4番はチームの骨格だからね。ここが崩れると苦しい。

結局、彼の不在が、他の投手へ少しづつ負担がきてしまっていた。

仮に、僕が今、巨人の投手で一軍にいるとしたら

上原やJPが投げる時には
「今日は、投げないな」と思うだろう。

勿論、彼らが投げる日を知っている訳だから、それによって
練習や私生活まで変わってくる。

練習とは、普段は出来ないハードなメニューを消化できる。
私生活だって、少しぐらい、夜更かしだって出来る。

そこまでエースとはチームに影響大だ。

なんか、チーム内に
安心感と落ち着きを与えてくれる。


逆に、新人や不調な投手が先発な時には
「今日は出番だ。あるぞ」と緊張していく。

そういえば、全盛期の伊良部が先発の時には
「安心、早い」だった。

勿論、彼は完投するし、試合時間も早かった。
ブルペンも
「今日はラブちゃんだから、安心していられる」
という雰囲気が漂っていた。

ヒルマンの時も早かったなぁ・・・・。


今日の巨人の先発予想は、怪我から復帰の
高橋尚。

もともと、左のローテ投手。

彼がしっかりした投球が出来れば、まだまだ首位戦線に十分残れるだろう。




ロッテ

ロッテは強い。

と言うか、少し日本の野球とは違う感じがする。

日本特有の
「難しく考える」野球のスタイルでなく、楽しくプレーしている
という風に映る。

うーん、言葉でいえないなぁ・・・・

重くないね。重苦しくない。

だから選手が、楽しく伸び伸びしているように見える。

今日の巨人戦だって、4番に2年目の大松選手を据えている。
セカンドは新人の根元。

巨人で言えば、亀井を4番に起用するようなもの。

この大胆さに強さの秘訣があるのかも。

まさしくバレンタイン監督の手腕だろう。

明らかに、今までのプロ野球チームとはスタイルが異なる。

ガムを膨らませて、茶髪の多いマリーンズ。
個性ある選手も実力が伴っている。

ファンもサッカーで言うサポータのように野暮ったさがない。

これはまさしく、オンリーワンチームだ。

どことなく、メジャーの匂いがするマリーンズ。

見ていて非常に魅力あるチームです。



ロッテが来た


ここに来て、ロッテが好調だ。
9連勝。

一方、阪神もいい。

やはり地力のあるチームが、本領を発揮してきた。

今日からそのロッテと阪神の3連戦。
これは面白い。

やはり、投手力のいい事が、両チーム共通している。
特に後ろがしっかりしているね。

ロッテが、藤田・薮田・小林
阪神が、藤川・久保田

特に藤川のボールは素晴らしい。
打者がまっすぐを待っていても、打てないまっすぐだ。
いわゆる
「伸びるボール」で、ライジングボールと言っていい。

まさに、投手が理想とするまっすぐを投げられる投手だ。
これは一度必見だ。

テレビで見た、メジャーのメッツ抑え投手の
ワグナーも同じようなボールを投げる。
なんせ、まっすぐがうなっているからね。
見ていて楽しい。

今日のロッテ阪神戦。
地上波であるのかな?(BSでもいいので)
楽しみ!







育成

先日、テレビでサッカーの特集をしてたんだけど、
ある選手について、
「12歳でクラブにスカウトされて、青田刈り」って言ってた。

凄いなぁ~!!!この年齢からのスカウティングとは。

野球と違い、地球規模で浸透している、スケールの大きさを改めて感じる。

正直、Jリーグではピンとこないところも
最近、頻繁に映像で流れる
バルセロナとアーセナル、チェルシー等の試合を見ると
「面白い」の一言だ。

ロナウジーニョのプレー等は、まるで漫画を見ているようだ。
選手の身体能力の高さに驚いてしまう。

また、競技場の規模、観客の多さに
画的にも、非常に魅力のあるものに映っていく。
なんか、彩りも違うように感じる。

まさに、W杯が間近になったけど、ブラジルが日本と同組となっているので
今から試合が楽しみでしょうがない。

さて、話は戻るが、今年、Jリーグは育成機関の強化として
サッカーの学校を創立している。

まさしく、サッカーのエリート英才教育学校だろう。

幼少の頃から、子供をあらゆる角度から、可能性を見出し、世界に通用する
プレイヤーを育てるわけだ。

これで、世界で戦えるチーム作りは勿論、
世界で通用する選手が増える事で、Jリーグが繁栄し、
日本国内でもサッカーというスポーツが、益々メジャーになって行く図式。

試合が面白くて質が高ければ、ユーザーは自然と試合を見に行く。
ソフト(試合)の充実だ。

今更だけど、Jの戦略、理念は素晴らしい。
確実に一歩、一歩進んでいる。


それに比べて野球界は・・・・・

「自分のチームさえ良けりゃいい」という、エゴ意識が強い。

確かに、自分のチームが強くなければならないのだが、
その前にプロ野球界全体としての全体像がない。

相手があって、選手がいて、ファンが存在して
初めて成り立つ競技であり、興行であることを、もう少し考えないと・・・・・。

巨人が、少年野球チーム対象に、チーム名に「ジャイアンツ」と入れている
チームにはユニフォームを寄贈するって話を聞いたんだけど
本当であれば素晴らしいこと。

やり方はどうであれ、未来のプロ野球選手であり、プロ野球ファンの
取り込み、掘り起こしは大事なことと思う。








ベイ 検証

ベイの現状について。様々な意見が出ました。

・入場料が高い

・チームが弱い

・親会社、フロントの戦略がまずい

・横浜に根づいていない
等等

しかし、横浜は初めて企業名をチームネームから外した始めたチーム。

なのに、いまひとつ横浜という地域に受け入れられていないのかな?


また、横浜市に支払うが為に、球場入場料が高いともいう。
おそらく、球場使用料が高いのだろう。

ならば、思い切り、横浜を出る覚悟で市と交渉してはどうだろうか?
つまり、フランチャイズの移転。

せっかく、球団は、地域密着を図っているのに、その親方が足を引っ張っている
のならば、本末転倒じゃないかな。

ロッテの場合、やはり横浜と同じような状況だったのだが、
自治体と交渉し、最後は、「出ますよ」と言ったそうだ。

その結果、それまで、球場周辺に出店やイベントが出来なかったが
今は、試合前後で、盛り上がっている。
収益だって上がるだろう。

これはロッテ球団の努力の賜物だ。

ベイも一度、市と真剣に交渉してはどうだろうか?








金本インコース攻めとベイ

ホークス投手陣の金本への執拗なインコース攻め。

これが岡田監督.には、相当気に障ったらしい。

一方、ホークス側は
「普通の攻め。当たり前」として、全く意に介していない。

監督の王さんも、相手にしていない。

これは、相手投手側からすれば、当たり前の攻めだ。

金本は今、つき指をしているので、インコースのボールが
一番シンドイ。

だからこそ、攻めていく。
これは投手として、当然だろう。


一方、岡田監督は金本を守りたい気持ちがある。

今や、金本は球界の宝?でもあるわけだから、
「お前ら、もう少し考えろ!」と言っているのだろう。
記録もかかっているし。

これもチームの監督とすれば、当然の事だし、金本からすれば
ありがたい話だと思う。

ただ、相手投手から見たら、金本が世界記録を達成したので
前よりは、厳しい攻めがしやすくなることは間違いない。

次回の阪神とホークスの試合が楽しみだ。

さて、またまたベイの話になるけど、コメントにあった
石井タクの2000本安打時での球場の閑散ぶり。

これは、ホント、真剣に考えないといけない。

あまりにも、オレンジ色が目立ち過ぎる。

昨年の広島野村さんの時には、広島球場に、たくさんのファンが
詰め掛けていた。

普段からの入場者数からは考えれない。

これは親会社が悪いのか?球団フロントが悪いのか?
タクの人気がないのか?

せっかくの記念の試合で、逆に横浜の不人気が証明されたことになる。
これは皆で、大いにディスカッションすべきではないか!













2000本安打

ベイネタが多いなぁ・・・・

石井タクが2000本安打を達成しました。

彼が一年前に入団していたので、投手石井と野手転向一年間の計3年半を
一緒に過ごした。

印象にあるのは
「彼の練習量は凄かった」ということ。

センスは勿論あったけど、努力でここまできた選手だろう。

実は、投手としての石井も良かった。
高卒一年目から一軍で登板。1勝も挙げているし、
「桑田2世」と期待されていた。

2軍では、群を抜いていた。
転向する年にも、2軍では「最優秀防御率」のタイトルを獲っていた。

でも一軍では何故か?通用しない。
スピードも145キロを超えていたし、変化球も全て切れが良かった。
でも、なぜか、打者に打たれてしまう。

しかも、彼は、投手としての練習はやりつくしていた。
これ以上、やりようがない。

だから、タクが打者転向を申告した時、当時監督の須藤さんが
「許さん」と言ったのも仕方ない。
大洋は、投手がいないチーム台所だったからね・・・・。

投手をしていた時から、野手としての資質は抜群だった。

当時のファーム打撃コーチの佐野さん(今はマリーンズのコーチだと思う)が
「石井は、今すぐ、打者に転向すれば、すぐに3000万は稼げる」
と断言していた。(当時の3000万プレーヤーというのは、一流の証だった。)

実際、投手として登板していた際には
5打数5安打なんて投手としては、あり得ない結果もだしていた。
盗塁もしてたし。

しかも、フィールディングもいいし、足も速い。
タフだし、怪我にも強かった。

彼は秋に転向し、翌年の6月にはサードのポジションを取っていたからね。

これまた当時の岩井コーチ(現シーレックス監督)が秋季キャンプで
朝8時から深夜まで、石井に付き合い
「今まで色んな選手を見てきたけど、こんなに練習する奴はいなかった。
こっちの身体がもたないよ・・・・」と笑いながらもらしていたことを覚えている。

練習する素質が彼にはあったんだろう。
このようなところも言ってみれば、「桑田2世」かも知れないね。

あんまり褒める事は、僕のスタイルじゃないんだけど、タクについては
賞賛の言葉しかでてこないね。

今、36歳。

意地悪の言い方をすれば、2000本を達成したことで、今度は
結果が出ないと、若手に切り替えられる可能性も出てくる。

特にベイは今、チームの切り替えの出来るチーム状況だ。

環境は厳しくなるだろうが、大洋経験者として、まだまだ頑張って欲しいものです。







100勝

ベイの三浦が100勝。

彼とは、約一年間一緒にプレーしたので、
思い入れもある。

確か、ドラフト6位?で入団したと思う。

素材的にはハジメこと、斉藤肇が同じ高校生としては
評価も期待も高かった。

ドラフト同期には、ドジャースの斉藤隆、有働なんかもいたと思う。

大輔は、一年目から、ファームではあるが、ローテに入っていた。

スピードはそんなにないのだが、試合を作れる器用さがあった。
コントロールが良かった。

フィールディングや牽制も、高卒とは思えない上手さもあった。
プロのチームプレーも、そつなくこなしていた。

また、打たれても、決して切れない精神的な気持ちの強さももっていた。
例えば、1点取られても2点目は与えないという。

その点では、高校生離れしていたが、100勝出来る程の非凡さは
一年目を見る限り、僕は感じなかった。

なんせ、大輔クラスの投手はファームには結構いたからだ。

でも、彼は、毎年順調に伸びて行ったんだろう。

あんなスピードが出るとは思わなかったもん。

阪神の藤川ではないが、これこそスカウトの成功であろう。

将来性を見越した、スカウトの眼力は高く評価できる。

勿論、一番の要因は、本人の努力の賜物の何ものでもないだろうけど。


ここで思うのは、彼のこれまでの足跡を、
球団が、データーとして保有しているかいうこと。

ただ、彼は特別だったからということで終わらせないことだ。

今後、スカウティングする上では、この上ない貴重な資料になるはずだ。
それは現場も同じ。

だって、彼の一年目を見て、
ここまでの活躍を誰が予測できただろうか?

是非、生かして欲しい。


コーチ

今日はコメントにお答えします。

横浜染田投手にあった、スカウトだけでなく、コーチにも原因があると
質問ですが、確かに指導者の役割は大きいと思います。

特に癖のあるフォームを持つ選手に対しては、扱いは難しいと思います。

ただ、染田投手は、大学出。
いくらコーチが強制しても、
ある程度、判別できる年齢であり、最終判断は自分です。

僕は、あまりコーチは関係ないと思います。

おそらく、昨年一年プロでやって、今までのフォームでは、これ以上無理だと
自分で判断して、フォームを変えているのではないでしょうか?

要はここが問題です。

球団が染田投手を獲得する際、即戦力として獲ったのか?
それとも、ある程度、フォームの矯正が必要だったのかということです。

後者であれば、今は矯正すべきファームにいても納得いきますよね。

ですが、昨年中に終えておくべき問題ともいえます。

思うのですが、球団側が染田投手に対し、どのような
育成計画があったのかが大事ではないでしょうか?

その計画を、現場を預かるコーチと、獲得した編成でコミュニケーションを
図り、育成すべきだと思うのです。

西武などは、この箇所がしっかりしています。

必ず主力が抜けると、若手がその穴を埋めている。

この新陳代謝は見事ではないでしょうか。

出来ている球団と、しっくりいっていない球団。

この差が、今の現状を現しているのかもしれませんね。









プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
53位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR