開幕

いよいよ今日からプロ野球は開幕。

選手にとっては、今日がお正月と言える特別な日。

おそらく今日は、選手、首脳陣、皆んながそれぞれに握手をすると思います。
今年一年、宜しくと!

これは、僕も初めて一軍で開幕を迎えた2年目ですか、当時の大先輩方から
握手を求められた記憶が鮮明に残っています。
これはプロの慣例なんだと思います。

どんなにキャリアのある選手も、まずはヒット1本、ワンアウトを取る、ゴロを裁く、、、
プレーを成立しないと安心しません。

千里の道も一歩から、まさにこの心境です。
スポンサーサイト

評判通り

春の甲子園。
注目されていた岐阜商業の高橋投手。

評判通り、素晴らしい投手でした。
スケールも大きいし、伸び代も感じるし、マスクも良いし、可能性がいっぱいです。

ドラフトでは相当な競合があるでしょう。

投げるボールの質が素晴らしい。
スピードでは計りえないものです。

見てる限り、プロの一軍投手が投げるボールです。

しかも本人がスピードを追い求めていない。
考え方が大人です。
これだと故障も少ないでしょう。

僕はダルビッシュやマー君などの甲子園時を見ていないので何とも言えませんが
プロのローテーションで投げられる投手だと思います。

昨日の黒田投手が日本に復帰し、日本の投手が変わると予想されること。

先ずはカウントの整え方と球数の問題。

メジャーではとにかくストライク先行で打者を追い込むように教育されます。
これは私の考えですが、日本よりも試合数が多いこと、投手の肩肘が消耗品であることが
大きな要因です。
如何に球数を減らすことではないでしょうか。

これはあくまで私の想定ですけどね。

実はボビーバレンタインが日本で最初にロッテの監督を務めた時に私もチームにいましたが、
投手陣に対して1−2(ワンボール、ツーストライク)で打者を追い込むように指示がありました。

初球からストライクゾーンで、ベース上で勝負するようにとのこと。

これに対しては、投手陣の中からは異論も出てきましたし、首脳陣とも議論があったように記憶しています。

当時は野村さんのID野球も注目されていたので、初球は打者の反応を見るためにボールから入ることも
多々あったからです。
またパワー投手であれば別ですが、球威不足の投手としては難しいと思えたからです。

だから今もそうですが、試合時間は長くなります。


今思えば、投手として本当のコントロールがあれば四隅を狙えば可能だったかもしれません。
それこそが投手としてプロの必須条件だったと思います。

また勝負して打たれてしまえば仕方ないし、実力不足とも言えます。
元々は投手は打たれる仕事なのですから、、、、

おそらく若手の主力投手は、今回の黒田投手のスタイルを見て、
初球からベース板で勝負してくる傾向になると思います。

打たれることを怖がらず、テンポよく投げてくるでしょう。

その場合、メディアもそうですが、首脳陣も結果論でモノを言わず、
先を見据えてほしいですね。

球数が減ると、投手がシーズンを通して息切れしなくなるのではないでしょうか。
そうなると9月からの勝負所が最高に面白くなりますね。

フロントドア

広島の黒田投手が昨日の試合で、圧巻の投球を披露したようです。

特に「フロントドア」と呼ばれる持ち球。
右投手が、左打者の内角から内に入ってくるボールです。
打者からすれば、ボールと思って腰を引くとストライクゾーンに入る
ボールになります。

まさしくメジャー帰りならではのボールでしょう。
このボールは、今後日本でも流行ると思います。

これは投げる側とすれば、シュートを武器とする投手が投げ易いと思います。
私もシュート回転する癖があったので、このようなボールを投げることはありました。
勿論、無意識で、逆に調子が悪いと起こる現象でしたね。
手首が寝たり、肘が下がると出てくる症状でした。

日本は回転の多い、スピンの効いた球質が良いと言われてきたので、このような
シュート回転をするボールを嫌う傾向があります。

黒田投手が投げることで、このような球質を持つ投手が今度は、短所が
長所になる可能性が出てきました。

しかし言えるのは、その中身です。
黒田投手の場合は、打者の近くで曲がるわけで、僕らクラスだと打者が見極められるぐらいに
早く曲がると逆にカモにされます。
腕の振りも同じにしないとわかってしまいますしね。

誰でも簡単に投げられるものでもないということです。

話は戻して黒田投手ですが、彼の課題はセットでしょう。
メジャーはクイック等はそんなに神経を使っていなかったと思います。
日本ではそこをついてくるでしょうね。

ただ彼が日本でプレーすることで日本の投手のレベルや考え方が
大きく変わる可能性があります。

そこはまたおいおい書いていきたいと思います。

選手と株銘柄の関連性

最近、野球を見て思うのが、選手と株が似ているということ。

選手の活躍に合わせて「株が上がる」なんて言葉もよく聞きますが、
活躍=株値の上下、新しい選手の台頭=新興株、ドラフト=新規上場銘柄と、選手には不謹慎ながら
照らし合わせてみています。

ハムの大谷君なんかは、注目された大型株で、ここまで市場の期待どおりに
株は上がっています。

注目されたが上場廃止となった選手もいます。

ただ言えることは、ずっと上がり続ける銘柄はないということ。
急騰する銘柄は、その分反動で反落する可能性が高くなります。
これは選手の育成にも共通するのかなと勝手に思っています。

上げ下げを繰り返しながら、結果的に右肩上がりを続けることが重要です。
そうなれば2部から1部の主力株に格上げにもなります。

そう思うと選手と株の関連性があるな?と勝手に考えています。

バックアッププレーヤー

これから徐々に開幕に合わせて主力選手が出場します。

それにより若手がどんどんと振り落とされます。

控え選手の競争が激しくなっていく中で重要なのは結果だけではありません。
特に野手。
打つというよりは、守りや走塁の方が重要視されます。

というのも試合途中交代からの守備固め、代走が彼らの最優先業務になるからです。
ここをしっかりと出来れば首脳陣はベンチに置いておきます。

打撃も勿論重要ですが、先ずは守備走塁。
これをクリア出来てから、初めて打席に立てます。

堅実な守備、走塁が求められます。

松坂投手

昨日ニュースで松坂投手が、日本復帰後で投げる姿を初めて見ました。

色々と周囲では言われていますが、普通にやるでしょうね。
シーズン中には更に修正し、暖かくなるほどに良くなっていくと思います。
昔のイメージを追うのは酷でしょうが、最低ノルマの二桁は勝てると私は思います。

元々の持っているモノが普通とは違います。これがメンタルを含めての能力です。

怖いのは怪我だけでしょう。

ソフトバンクは相当額を彼に投資しましたが、これまでの話題性を考えると
ここまででも十分元は取れたでしょうね。

民主はチャンスなのに

政党支部への献金で多くの大臣、議員が取り上げられています。
総理大臣もです。

その中でも、某大臣の答弁を見てると、心底辟易してきます。
品格のなさに。

それはさておき、民主党はチャンスなんですけど。
岡田代表も指摘されていましたが、正しい正しくないではなく、今辞任すれば
民主党に世間の風が吹くと思いますけどね。

「疑わしいならば、先ずは自分が責任を取る」とね。

そうすれば世間の目も変わったなとなりますよ。

どんな説明よりもはるかに説得力があるPRになると勝手に思いました。

キャンプ

メディアを見ると、メジャーのキャンプはだいたい2時間で終わるようです。
日本と比べるとかなり短い。

私も何度か現地でメジャーのキャンプを視察しましたが、13時頃までには全体練習は終わります。
ただ朝が異常に早かったですね。

練習開始が10時ですが、7時前後にはクラブハウスで身体を動かし、場合によっては打者は
打ち込みをしていました。練習が始まる前には、選手は一汗かいた状態だったと思います。
これは勿論強制でもないし、全員がやっているわけでもないでしょうけどね。

しかしメジャーは底辺が広く、下からたくさんの選手がメジャーを目指し虎視眈々としています。
力がなければ代わりは幾らでもいるわけで、新しくとんでもない能力を持つ選手がどんどん出現してきます。
つまりやらなきゃ、淘汰されるだけです。

そういう意味ではかなり厳しい世界です。

キャンプ中は休日もありませんし。

宿泊もメジャーになれば、現地に家を所有するものもいますし、ホテルだって別々です。
(マイナーは違いますが)
日本のように24時間チームとして同じ行動を取るのとは大きな違いです。

どちらかいいのか?これは個人の問題ですが、私ならばメジャーの方がいいですね。
だって24時間、管理されるのは煩わしいですから。





プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
2330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
333位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR