MVPは、、、

日本シリーズはファイターズが勝利しました。

今回は、誰が見てもMVPは栗山監督でしょう。
シーズンを通しても、彼のシーズンだったと思う。

これまでのプロ野球の固定観念を取っ払って、見ている側に面白い、新しい野球を見せてくれました。
こう出来たら良いな、、、でも漫画の世界であって、プロじゃ無理でしょう。の枠を取り外しました。

もちろん最初は批判も大きかったし、もしも逆の結果が出ていたら、相当に叩かれていたでしょう。
リスクとしては、結果が出ない確率の方が高かったと思います。

その裏には、もちろん球団の後押しもあったでしょう。
それがファイターズの強さなのかもしれません。


もともと栗山さんは監督というよりも、違う観点で日本の野球を見ていますね。
野球界全体を見て、もっともっと我々が面白いと思う野球を見せようとしています。
それは彼のキャスター時代の経験も大きかったでしょう。
社会全般を見ていたのが大きかったと思う。

彼が尊敬するのが名将三原脩氏というのもうなづけます。

これで栗山監督のシナリオの第1章が終わりました。
次には何が待っているのでしょうか。
スポンサーサイト

相手を上回る気持ち

今朝のスポーツ記事を見ると、ハムの選手は黒田投手への尊敬の念を持ったコメントが目立ちます。
勉強するとか、良い機会とか。
まぁ記者から聞かれれば、そう答えるかしかないでしょうけどね。

しかし、おそらくですけど黒田にはそんな感傷的な気持ちなど全くなくて、今日でハムを、いわば全力で潰しにかかるでしょう。

ですからハムもそれを上回るほどの相当な覚悟で行かないとダメだと思います。
本気で彼を叩きのめすほどのもので行かないと。
それは栗山監督が一番わかっていると思います。

元々、黒田投手のマウンドでの打者へのつぶやきをみてください。
とてもじゃないけど、表に出せるものではありません。

おそらく彼の中では、毎回がヤルかヤられるかの心境だと思いますよ。
決して、お互いリスペクトを持って云々なんかの綺麗事は全くないと思います。
だからこそ、黒田だと思います。

昨日も書きましたが、大谷への攻めは厳しいと思います。
彼が日本の至宝とか遠慮はないでしょう。
仮に打たれたとしても、次に影響が出るような配球に切り替えるかもしれません。

楽しみですね。

予想外のスタート

日本シリーズ、広島の2連勝と思わぬスタートになりました。
広島はやることなすこと全て上手くいきました。
この運と流れは短期決戦ではとても重要であり、この勢いは大切にしないといけません。

ハムには痛い連敗ですが、ホームに帰って、切り替えていくしかありません。
今年のシーズンを見ても逆境に強いチームでしたから、ここぞ真骨頂の見せ所です。
一つ勝てば落ち着くと思います。

しかし改めて大谷の存在が大きいですね。
彼の調子がチームの勝敗の大部分を握っていると言って良いでしょう。
ちなみに3戦目は野手での出場のようです。
彼の野手での存在感は投手以上です。彼が出ることでチームに流れとリズムをもたらしてくれます。
先発の広島黒田もその点は十分わかっているはずですから、明日の大谷に対しては容赦ない攻めを見せるでしょう。
僕は下手すれば死球もあり得ると思います。遠慮なんて彼の中ではサラサラないと思いますね。
黒田のメジャーでやってきた矜持を見せてくれそうです。これは楽しみな対戦です。

1、2戦目で見ていて印象に残っているのはハムの中島選手。
とにかく追い込まれるとファールで粘る。データーによると、今年、ファールが760球ほどあったそうです。
1戦目でもジョンソン投手から相当粘っていました。

これをどう見るか。大局としてね。

これも素晴らしい技術です。やっかいで嫌な存在でもあります。
しかし追い込まれてから、狙い球を待ったり、際どい球をファールにしている訳ではない。
どちらかと言えばファールにしているだけという感じ。

投手側からすれば、色々と思うところはあります。

今の選手や投手はどう思っているのかなぁ、、、

ドラフト雑感

ドラフトが終わりました。

昨日、指名された選手のプレーを初めて見ることもありましたが、私が見た中では一番は西武が指名した作新の今井くんでしょうか。彼は投手をするべき生まれてきたような選手と思います。
時間は掛かっても3年以内には出てくるでしょう。高卒なのであまり無理をさせないことですね。
間違っても即戦力とは考えない方がいい。そうすると故障するリスクが高まります。
直ぐに使いたいくなる投手ですけどね。。。。

中日は明治の柳投手を指名。
森さんが指名理由を言っていました。昨年高卒の投手を獲って起用に気を使うので、今年は直ぐに使えるやつが欲しかったと。
そういう意味では、柳は直ぐに使えるでしょう。ただ、長年に渡ってエース級でやれるかどうかと言えば?です。
でもこれが俗にいう即戦力になるんでしょう。チーム事情もあるので、これもありです。
彼は人間的にも素晴らしいので、そういう意味でもチームに良い流れを持ち込んでくれるでしょう。

佐々木投手。
フォームに特徴がないのが特徴かな。野手みたいな投げ方だから、1位としていきなり取りづらいのもわかる気がします。スケールの部分でね。
でも映像を見ている限り、良い投手です。まとまっています。故障もしづらい投げ方をしています。
僕は結構勝つんじゃないかと思います。面構えも良いし、投手らしい気の強さも感じましたね。ロッテは良い選手を取れたんじゃないでしょうか。

目玉だった田中投手はホークスに。
投手理論に精通している工藤さんがいるし、戦力的に直ぐに投げなければいけない状況ではないので、彼にとっては最高のチームでしたね。運がありました。チームはリハビリを含めてきっちりと育成してくれると思います。


指名がゴールではない。

今日はドラフトですか、、、、
私自身は、特に思い出はありません。

今ほど騒がしくはなかったので、下宿先にマネジャーから連絡があって初めて知ったくらいです。
実は当日の朝に電話があり、ダイエー、今のホークスから「もしかすると指名をするかも」みたいな連絡を同居人が受けたような記憶もあります。それ以外にも何度か数球団のスカウトと食事もしましたし。

ある球団からは、プロに行かないと発言して、そのあとにドラフト外で来てくれ、
というトリック話までありました。
でも、さすがにそれは断りました。やはり当事者としては指名を受けることが一つのステータスでしたから。

さて、ここ数年、テレビで1位ぐらいまでは会議の様子をテレビ放送しています。
その後には、ドラマ仕立ての感動番組もセットになっています。

僕ね、この番組に非常に違和感があります、、、、
実にたちが悪いというかね。残酷というかね。

そりゃ、指名を受けることは素晴らしく立派なことです。今までの頑張りが報われた証でもあります。
小さい頃から憧れていたわけですから、家族も含めて喜びもひとしおです。

でもね、本当の勝負はこれからなんです。何もまだ始まっていないんです。
まさにスタート地点に立っただけ。

もしかすると、一年で解雇されるかもしれません。


そんな厳しい世界が待っているのに、このタイミングでお涙頂戴のハッピーエンドなんか、実に悪趣味だと思います。
喜んでいる時につけこんでいるようにしか思えません。

そしてその先にあるのが、12月にある「戦力外になった選手!」なんて番組のセット。

まぁ見ている側には、こんな痛快なノンフィクションはなかなかありませんから、視聴率も良いんでしょう。

でも、これ、身内なら堪りませんよ。。。


指名を受けた人は、今日1日は喜んで良いでしょう。
でも明日から戦いの始まリます。
プロは年功序列ではありませんから、今キャンプで汗を流している選手は必死で練習しています。
彼らは、新人には絶対負けないぞと、必死こいています。
自分と重なるポジションとか、年齢を見てますよ。。。。

周囲の騒がしいパーティー気分に、自分もそして家族も勘違いしないように。
足元をしっかり見据えて。

まさに戦いはこれから。
そして自分の思うより、選手生命ははるかに短い。


引退

広島の黒田が今季で引退することになりました。
シーズンで念願だった優勝をしたことで、やりきったんだと思います。
もう来季以降、投げるモチベーションはないでしょうね。

僕は彼と新人時から2年間同じチームでプレーしましたが、彼がここまでプロ意識を持っていたとは、正直全くわかりませんでした。本当によくいる新人と同じ感じでした。

それよりも彼と同期で新人王を獲った沢崎投手がほうが印象深かったですね。
とにかく真面目で律儀な男で好青年を絵に描いたような選手でした。
今は、カープでコーチかなんかをしていると思います。
同期で同い年のライバル、沢崎がいたことも黒田には刺激になったのかもしれません。

黒田で印象深い出来事と言えば、入団した年の春の教育リーグで初回に6失点したのにも関わらず、その試合完投したこと。その報は一軍にも入ってきて、みんな驚きとともにカープらしいと笑っていました。

まぁ、二軍の監督が名伯楽である安仁屋さんだったことも影響があるかもしれませんが、普通は1回に大量失点してしまえば心折れるものです。

しかし最後まで一人で試合を投げさせたカープの指導方針、そして黒田の気持ちの強さが表れているものです。こういうプロではあまり考えられない指導方針こそがカープの強さでもあり、逆にいうと脆さでもあります。
当時、特にメディカルの部分で、他球団より相当に劣っていたと思います。
二軍ではキネシオは自分で買ってきて、使用するほどです。

黒田のような強い、稀な投手が生まれる背景には、その裏には有能で将来性豊かな選手も潰れているのも確かです。
潰れているという表現は適していないかもしれませんが、球団から手を差し伸べて、大事に大事にという感じではサラサラなかったですね。
決して恵まれていない環境、そして厳しい指導、まさに人間教育が当時のカープの特徴でした。

もし過去に潰れていった選手が、違う球団であれば、やれた選手もいたでしょう。

しかし、そんなカープの厳しい競争と環境の中から出てきたのが、黒田と新井だと思います。
今のカープではわかりませんが、その当時のカープでなければ絶対にあの二人の今はないでしょう。

今回、黒田がこのようにシリーズ前に引退を発表したことで、チームの士気は上がります。
最後に黒田の最高の花道を作るべき選手の士気は自ずと最高潮になるでしょうね。

元々は多分、シリーズ後に静かに去るつもりだったと思います。
しかし最後までカープの為に自分の持っているもの全てを出したんでしょう。
まさにミスターカープです。

コーチ人事

この時期、来季組閣の発表が各球団行われる。
秋季キャンプ前には決まらないと練習もままなりません。

新聞で発表される人事で有名なコーチの行き先はだいたい、私の方に耳に入ってきています。
正直、事後ばかりです。

この世界、自分がクビになりそうな人は大体にわかるもので、夏過ぎには他球団へ就職活動をしているものです。
危ない気配は、だいたい予想がつきますからね。

僕が某球団で聞いていた人物、最近のニュースで他球団へ移籍が決まりました。
実に見事な就職活動でした。

また裏で他球団からオファーがあった方は、今の所属する球団を退団して、次の移籍先に向かいます。
退団するときは、「責任をとって」と言っていますが、そんなことはなく、ただの移籍です。
もし本気で責任を取るのであれば、普通は他球団にもいきませんからね、そんな早く。
別に普通に「けじめとして」くらいを言えば良いんじゃないかな?と個人的には思いますけどね。

やはり一軍の監督は自分の親しい人物、昔から気心の知れた人間を起用したがります。
一人ぐらいは良いかもしれませんが、それが全体を占めるようになると、組織としておかしくなります。

また組織を全て自分の思いのままにしようとすると、膠着してしまいます。
部署の担当者が自分の意見を言いづらくなりますからね。

特に野球選手は全体のマネジメントに元々が慣れていませんから、内部がバラバラになります。

まさに裸の王様状態。全部自分がコントロールしようとすると尚更。

そして仲の良い人間であっても自分の保身のために、監督にとって本当に大事な情報だけど耳障りな情報を閉じてしまう可能性もあります。だってインセンティブの最優先は先ずは自分の生活。「自分の生活を投げ出してまで上に意見をする!」なんて真田幸村みたいな人はそうはいません。

おそらく今年もそのような球団があったように思います。

しかもその対策で新しく起用する人が出ていましたが、少し的外れのような気もします。
これも監督意向が強いのでしょう。であれば何の改善もされていないわけです。

来季も苦しむのではないでしょうか。

私の経験上、監督や重要なポストに就いている、昔偉大なキャリアを持っている人ほど、意外というか、本当に人を見る目がないんですよね、人事に。やはりあまりに上に行き過ぎているからかな。

昔、管理で有名な指導者がいましたが、その方も下に就いている人物が本当に酷かった。ボスが不在な時の態度は目にあまるものがありました。いる時といない時の差が。多分ボスは知らなかったでしょう。ボス自体は素晴らしいのだけど、結局信用している人間に足を引っ張られる形になって失脚していきました。

まぁこれも能力かもしれませんけどね。

漫画みたいな選手

パはファイターズが制しました。
結果的には1勝のアドバンテージが効いたと思います。
後は栗山采配が神がかっていることでしょうか。

逆に工藤さんは後手後手で、出すカード、全てがうまくいきませんでした。
ただ思うのは、今年一番期待していた東浜で負けたのですから、諦めもつくでしょう。
今年は意地でも東浜を一人前にしたいという工藤さんのメッセージがはっきりと見えました。
この負けと工藤さんへの借りを、東浜は必ず返さないといけません。

逆に先発で3回で交代させられた摂津には来季以降、更に厳しい環境が待っていると思います。
あそこで代えられらたのが、首脳陣の、彼への信頼度です。

来季は、これまでのキャリアを顧慮しての先発の枠はないでしょう。
どちらかといえば、先発のバックアップ要員です。

キャンプも若手と横一線の勝負になるでしょうね。
もしも同じ力ならば、伸びしろのある若手になるのは当然です。

しかし大谷は漫画のヒーローみたいな奴ですね。
皆んなの夢と憧れを、この現実社会の中で実現しています。
今朝のニュースで見ましたが、中田が、
「練習する気が無くなる」と言っていました。
全日本の主力が、そういうことを言うんですから、、、、確かにそうでしょう。
我々が清原や桑田を見て感じたことと同じです。

これが彼への評価そのものです。

しかし、大谷は最後、楽しそうな表情で投げていましたね。
そりゃ、気持ちいいでしょう。

ここで確認しなければいけないのは、彼が日本を選択してよかったということ。
彼自身はわかりませんが、少なくとも日本の野球ファンにとっては。

アメリカにいたら、我々はこの活躍を見ることができませんでしたからね。

これはおそらく野球史の伝説に残る活躍です。後世に語り継がれると思います。


いやーっ、こんな楽しい選手、最初からメジャーに持っていかれたらかなわんです。

そうか、ドラフトか、、、

20日はドラフトです。
今年は人材が豊富で当たり年と言われているようです。

昨日の夕方ですかね、注目されている大学生投手のドキュメンタリーが放送されていました。
彼に1年間ぐらいに密着したものです。

元々身体に不安がある投手のようで、私生活まで相当ストイックな過ごし方をしていました。
しかし残念ながら、今年の春に故障してしまい、これで彼の評価が落ちたのは事実です。
やはり球団からすると、怪我と故障が一番懸念材料だからです。

でも彼の投げる姿を見ると、故障箇所が強化することで将来解消出来るもので
あれば、リスクを取ってでも獲得に値するほどの能力が十分あります。

また彼の野球への取り組みがあれば、尚更です。

正直、まだ大学生なのだから、もう少しやんちゃするくらいの遊び心も必要とも思いますが、努力が出来ない子よりも遥かにこちらの方が救われます。

私が獲得責任者であれば、チーム事情もありますが、この先の10年を任せられる主力投手として考えれば、獲得します。仮に1年リハビリに費やしても。
良い例が、日ハムの有原です。彼も肩に不安がありながらも獲得し、その年の後半から戦力になりました。
そして今年の活躍はご覧の通り。それでもまだ首脳陣は彼はまだ万全ではないと思っているはずです。
本当に信頼すべき投手となるのは来年以降と踏んでいるのではないでしょうか。

やはり排気量が違うんです。彼らは。

現場と編成では見ている時間軸が違うので軋轢も生じるかもしれませんが、長く主力としてチームを支えてくれる選手を第一に獲得すべきだと思います。

パは面白くなってきた

ベイは2連敗で崖っぷちに立たされました。
巨人で少し燃え尽きたところがあったのでしょうか。
勢いが消えてしまいました。普通は逆なんですけどね。

もしかすると満身創痍なのかもしれません。
それとも選手に巨人戦に勝ったことで、どこかに今年はこれで満足という気持ちがどこかしらあるのかもしれませんね。
しかしあれだけ巨人投手陣が苦しんでいた打線をいとも簡単に広島は抑えています。
ロペス、筒香自体の調子もあるのでしょうが、完全に封じ込まれています。
いかに良い打者でも、好投手にかかればそうは打てないことの証明かもしれません。

1戦目のジョンソンで目線を狂わされたんでしょうか。
野村も変幻自在の投手ですからね。まったくタイプの違う投手だから慣れるのに時間もかかる。

彼は投げる以外に試合を観れるし、間が作れる投手で、打てそうで打てないし、スピードこそありませんが、打者からすると、それ以上に速く感じる投手です。この微妙な感覚の乖離が打者を戸惑わせると思います。
しかし、昨日の試合では好投していた野村も6回でスパッと代えました。
これは彼が3、4回りあたりになると打者に捕まりやすくなることを監督がよく知っているからでしょう。
早め早めの手を打ったことは大いに評価できると思います。

流れからすると今日で一気に決まりそうです。
今日の先発が黒田ということも、今年の流れを象徴しています。
そういう年なのかもしれませんね。

パは9回にホークスが逆転。これは大きな勝利です。
ファイターズは勝てた試合を落としたので、この負けは大きいと思います。

しかも抑えのマーティンはこれで使えないかもしれませんね。
少なくとも僅差では使いづらいはずです。
足で揺さぶれば、何とかなるという雰囲気が出来てしまった。

今日、ホークスが勝てば勝負はわからなくなります。
確か先発はバーデンです。力のある投手ですから。

パは面白くなってきました。

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
2330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
333位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR