好調の立役者

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

交流戦かぁ

今日から交流戦です。
リーグ内同士での直接対決ではないので、結構シーズンに影響を及ぼすと思います。
いつの間にか、ゲーム差が広がったり、縮んだり。
今、パで低迷しているチームは、この交流戦で盛り返したいと思っているでしょうね。
なんせ、これまでを振り返ると、パがセを圧倒していますからね。

今年はどうでしょうか。

私は広島と阪神はパを相手にしても5割以上の成績を残すと思っています。
特に阪神。今年はっ去年と違うチームになっていますから。
意外と、ここで乗ってくるかもしれません。

横浜は、ラミレス監督が上手に勝ちを拾ってくると思います。
この交流戦で5割を目指すと記事にもコメントが載っていましたね。

巨人はFAの山口投手や陽岱鋼選手も戻ってくるので、戦力自体は上がってくるでしょうね。
ただ、これが勝利に結びつくかはわかりませんが、、。

ヤクルト、中日は戦力的に見て、今は少し厳しいかもしれません。
先ずは5割に持ち込む戦いをしてほしいですね。

私のイメージはセは、細かい野球をするイメージがあります。
だから、相手の弱点を突いてきます。
しかしパは、パワーでそれをも粉砕してきました。

今年はどうなんしょうか。

気になる選手

開幕直後はつまずいたオリックス。しかし、その後持ち直し上位に食い込んでいたのですが、ここにきてまたも連敗。
長い連敗をするのが癖になっているのかな、、、、。

その中で気になる選手がいます。投手の近藤選手。確か、去年のドラフト2位で、2年目の選手です。

今は中継ぎですが、非常に良いボールを投げています。小さい身体ながら、全身のバネを感じさせるフォーム。
今はまだビハインドの展開での起用ですが、そのうちに勝ちパターン、もしくは先発での登板機会も出てくると思います。

なぜ彼が気になるのかと言うと、フォームの違いです。もともと良いボールは昨年も投げていましたが、もったいないな、、、と思うところがありました。それは下半身の沈み。軸足が沈んでしまうのです。

去年は軸足の膝に土が付くくらいに沈んでいたと思いますが、今年は言葉で表現すると、高い位置で投げられています。これは昔の野球の感覚ならば、沈んだ方が奨励されたのですが、実は沈むことで軸足が折れて力が半減してしまい、それに伴い球の角度も失うので、実はそんなに良い投げ方ではないと私は思います。 

そういえば、今年から球団のアドバイザーを務める元メジャーリーガーの長谷川氏が彼にそのようなアドバイスを送っていたように記憶しています。

しかし、フォームを矯正するにはかなりの覚悟が必要です。その選手の元々の長所まで奪いかねませんからね。
ですから、全然違う自分に変わるくらいの勇気が必要になります。

でも近藤選手は見事にマイナーチェンジして一軍のマウンドに戻ってきました。
もしかすると、まだ途中なのかもしれませんが、今でも十分に素晴らしいフォームです。

その成果は打者の対応と、残した数字が見事に物語っています。

今後、彼がどのような過程を見せてくれるのか、楽しみです。

批判コメント

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

進路は?

早実、清宮君のフィーバーが止まりませんね。
彼が行くところ、球場が満杯になります。

これほどの選手、昔で言えば、清宮君の先輩である荒木大輔さんや、PLの桑田清原コンビ以来でしょうか。
ユウちゃんも最後の夏の甲子園でブレークしましたからね、、、、

となると、彼に該当するスターは最近では思い浮かびません。

その彼の進路が気になるところですが、これだけのスター性、そして集客力を持つ選手ですから、プロ野球界、そして各球団とも喉から手が出るほど欲しいでしょう。
そうそう、その実力を含めてですね、、、これを忘れたらいけません。
あれだけの数字を残していますし、私から見ても、彼の打球や飛距離は他の高校生と比べてもかなり抜きん出ています。
中学生の野球に大人が一人混ざっている感じですよね。

そして早稲田というのも一つのブランドですし、お父さんがラグビー界でカリスマだったという家系も我々の心をくすぐるのでしょう。


今の段階で彼の実力に難しい注文をつけるスカウトや評論家もいますが、なんせまだ高校生。完成形ではありませんから、あくまで彼の将来性を見据えて今は見守ってもらいたいですね。

しかし進路はどうするのでしょうか。彼の決断によって、各球団の今年のドラフト戦略が大きく変わってくるはずです。
もちろん大学側も黙っていないでしょう。彼が早稲田大学に入学するしないでは大きな違いです。
お父さんも早稲田ですし、以前ラグビーの監督もされてますしね。関係性が濃いのは事実です。

プロでいうと、全球団欲しいでしょうけど、特に地元であるヤクルトあたりは間違いなく手を挙げると思います。

どちらに行った方が良いかというと、プロに行くのであれば、高校からが良いでしょう。
大学が回り道とは言いませんが、力的にもプロに進んだ方が良いと思います。

さてはともあれ、間違いなく今年のドラフトは清宮フィーバーでしょうね。

遅咲きになるのかな

セパ、双方とも、まだ混沌としている状態です。
落ち着いていないですね、、、、。

おそらく交流戦から、体勢が見えてくるように思います。
そして本戦になるのは8月中旬からでしょう。
本当に強いチームは、ここからチャージをかけてきます。
今、首位を走っているチームも、各チームが今後ローテで主力級の投手を当ててくるでしょうし、
到底今の順位のままとは考えづらい。

先ずはレギュラーが故障をしないこと、仮に怪我をしても、代わりになる選手の層が厚い、、
等々が大きな要素でしょうね。
今年も猛暑になりそうなので、体調管理も大事でしょう。

ところで好調の阪神ですが、その中で、リリーフにおいて存在感を出しているのが桑原投手。
彼は33歳になるベテランです。

元々良いボールを投げる投手でしたが、好不調の波があったり、阪神が3球団目であるように落ち着かない選手であったのが事実です。
しかも年齢が33歳です。この年齢になると、選手としては、しりすぼみになるのが普通です。
そして何といっても昨年は一軍登板がありませんからね。
そんな投手が今年、圧倒的な数字を残しています。今のチームを支えている一人と言って良いでしょう。
こんなことはなかなかあることではありません。

この事実を、各球団は一度、検証すべきでしょうね。
何故、このように、この年齢でブレーク出来たのか。
今まで本人と指導者が様々な理由でダメだったのか、それとも彼の能力が遅咲きで特別であるのか、今年オフに違ったトレーニングをしたのか、、、、。理由は尽きないですが、それでも要因をいくつか探るべきでしょう。
そして、これは選手への評価として、今後の指標になると思います。

今在籍している選手でも、当てはまる選手がいるかもしれませんからね。

力はあるが、ただ単に、もう年齢的に解雇する等ではなく、可能性を見出してあげることが、編成の本分であるし、いわゆる資本の有効利用です。

今、はやりの様々なデーターを、このような事に活用することも面白いかもしれません。

勢いが出ない

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

自力V消滅

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

配慮

アマの試合で気になる記事が。

早実と、熊本の秀岳館との試合の最終回、後一人の場面で、秀岳館側が清宮君と勝負する為に、前の打者を敬遠したことに対してのものです。その前にはベンチが伝令を出して投手に確認しています。
勝っていて、わざわざ前の打者を敬遠をして、強打者を迎えるなんて普通の試合ではありえません。

理由はその投手が試合前から清宮君と勝負したかったので、甲子園でも当たる可能性もあり、ベンチもさせてあげたと監督はコメントしていました。
またこの試合は、公式戦ではなく、招待試合で、熊本のファンも清宮君の打席を見たかっただろうとのコメントもありましたね。

確かに熊本のファンも清宮君目当てがほとんどでしょうし、彼の打席を1打席でも多くみたいのは正直なところ。
双方の監督は早稲田大学の先輩後輩でもあり、この間もコミュニケーションが取れているのでしょう。
そしてこの試合が地元テレビ局が主催の招待試合で、興行的要素も強い。だからこそ早実を呼んだわけですしね。

ただ一つ言えば、試合途中、いや、前の回でこの展開が読めるわけなので、どうするかを決めてあげていれば良かったと思いますね。
だって敬遠された選手は、そりゃ悔しいですよ。大勢の観衆の前で屈辱を受けたわけですから。
であれば、伝令などで試合を止めず、そしてあからさまな敬遠などせずに、普通のフォアボールにすれば良かっただけです。
それぐらいの技術はあるはずです。
それが仮に敬遠気味でも、周囲の受け取り方は全然違います。

高校野球ですから、それぐらいの配慮はあっても良いとは思いましたね。

監督さんは、パフォーマンスではないと言われていますが、私には、みんなにその意図を見せるべく見せたものだと思いますが、、、、。

そして、この監督さんの「甲子園で当たる可能性があるから勝負させたかった」とのコメント。
これは、熊本県の全高校球児とチームの監督さんは覚えておかなきゃ。
是非とも、肥後もっこすの意地を見せてもらいたい。

ポスティング

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
2441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
340位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR