フロントドア

広島の黒田投手が昨日の試合で、圧巻の投球を披露したようです。

特に「フロントドア」と呼ばれる持ち球。
右投手が、左打者の内角から内に入ってくるボールです。
打者からすれば、ボールと思って腰を引くとストライクゾーンに入る
ボールになります。

まさしくメジャー帰りならではのボールでしょう。
このボールは、今後日本でも流行ると思います。

これは投げる側とすれば、シュートを武器とする投手が投げ易いと思います。
私もシュート回転する癖があったので、このようなボールを投げることはありました。
勿論、無意識で、逆に調子が悪いと起こる現象でしたね。
手首が寝たり、肘が下がると出てくる症状でした。

日本は回転の多い、スピンの効いた球質が良いと言われてきたので、このような
シュート回転をするボールを嫌う傾向があります。

黒田投手が投げることで、このような球質を持つ投手が今度は、短所が
長所になる可能性が出てきました。

しかし言えるのは、その中身です。
黒田投手の場合は、打者の近くで曲がるわけで、僕らクラスだと打者が見極められるぐらいに
早く曲がると逆にカモにされます。
腕の振りも同じにしないとわかってしまいますしね。

誰でも簡単に投げられるものでもないということです。

話は戻して黒田投手ですが、彼の課題はセットでしょう。
メジャーはクイック等はそんなに神経を使っていなかったと思います。
日本ではそこをついてくるでしょうね。

ただ彼が日本でプレーすることで日本の投手のレベルや考え方が
大きく変わる可能性があります。

そこはまたおいおい書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
110位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR