春の甲子園が終わりました。
北陸の優勝でしたが、先日北陸新幹線の開通に合わせたような、何か見えない力が動いたかもしれませんね。

さて甲子園の時期になると必ず高校野球への批判が出てくる。
それは投手起用の酷使の問題や、変化球多投への懸念。
勝つために選手の将来を顧みずへの問題提起等々。

その対象はアメリカメジャーとの比較にもなります。
確かに一理あるでしょうし、一時期私も同じような意見を持っていましたからね。

しかし、高校野球の根本は教育です。
別にプロ野球選手を育成するための機関ではありません。

高校野球の、あの3年間の時間と経験は非常に貴重です。
純粋に、ただ勝ちたい、甲子園に行きたい思いは、彼らを人間的に大きく成長させます。
特に試合に出られなくとも続けられた学生は必ずこの経験が将来活きてくるはずです。
だってほとんどがプロになんかなれませんから。


目標に向かって一丸となっている時に、将来を見据えて合理的にセーブしてくことは
なかなか難しいことでしょう。
多分、チームがバラバラになると思います。

ただそういう学校もあって良いと思います。
甲子園よりも選手の将来。だから無理もしない。これもありです。
投手は変化球はセーブ。過度な練習もしない。全ては彼らの為。

高野連ではなく、別の組織を作っても良いでしょう。
そしてプロや上で野球を続けたい気持ちの強い子はそちらに所属する。
そうすると合理的なトレーニングが出来ると思います。

だから日々、高校野球のスキームを批判する人は新しい自分たちの理想の組織を設立すべきと思いますけどね。
ただ、そういう人ほど仕事で実は高野連の恩恵を受けている場合が多いのですが、、、、

無論、指導者の行き過ぎた、無知な指導はご法度です。
身体を壊すほどの起用などは問答無用です。
しかし全てが完璧で神様みたいな指導者もいません。
教員である指導者の方に責任を押し付けてもいけません。
彼らも自分の時間と家族をかなり犠牲にしているはずです。

勝利と教育、個々の将来性の見極めのバランスが求められます。

高野連も投手の球数制限、連投制限などは今後必要です。
それによって二番手以降の投手の育成が、勝利の優先事項になるので逆に投手のレベルアップになるはずです。
戦略的にも高度になるでしょうから。



スポンサーサイト

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
229位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR