抑え捕手としての存在感

土曜日の広島−中日戦。

黒田投手が登板した事もあるでしょうが、スタジアムは満員でした。中日戦ですからね、、、、

改めてカープ旋風の大きさを実感しました。

私はテレビでその試合の終盤から見ていましたが、一番印象的だったのは中日谷繁捕手。
彼の勝負所でのリード、存在感は流石というしかありませんでした。

抑え投手は世間に知られていますが、抑え捕手と表現するにピッタリでした。
特に最後の野間君を打ち取るリードなど谷繁捕手らしいとうなされました。

今後の中日を考えた場合、彼が監督業に専念することも大切ですが、
今年、中日が優勝争いをするには谷繁捕手の力が絶対不可欠です。


スポンサーサイト

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
85位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR