ドーム観戦

昨日は仕事で東京ドームでの巨人と広島の試合を観戦しました。

試合は延長で巨人脇谷選手のサヨナラホームランで劇的に幕を閉じましたが、ゲーム差はまだ7あり、
現状では、かなりカープが有利であることは変わりません。
残り2試合を巨人が勝てば、優勝への僅かな望みが出てくるといったところでしょうか。

しかし試合を生で見ると、テレビでは見えないところまで目につくので面白い。
昨日のゲームで一番私が印象に残ったのが、巨人マイコラス投手。

とにかく気合が入っていましたね。一球への集中力が本当に高かった。
彼がピンチを凌いだ後のポーズにその思いが現れていました。ああいう姿を見るとナインは燃える筈です。

これは外国人の特徴でもありますが、夏過ぎから本来の力を発揮するケースが多い。
彼の場合、春から故障をしていたので、これに当てはまるかわかりませんが、とにかく調子のマックスを8、9月に合わせてくるように思います。これはメジャーでもよく見られる傾向です。


一方の広島のジョンソン投手も良かった。まさに成績通りの投球でした。
シーズンを通して、あれだけ安定した投球をしてくれたら、本当にチームにとって有難い。これはシーズン中にも関わらず、広島が高額で複数年契約するのもわかります。他球団から好条件が出る前に押さえておかないとダメですから。
これはマエケンの補償金効果かもしれませんけどね。

しかし、メンバーを見ると広島は活きの良い若手が育っています。
サードの安部選手なんて、何年目かと、、、調べたら9年目です。

彼を若手と呼んで良いかわかりませんが、9年目にブレークする選手というのも実に広島らしい。
大型補強が難しし分、とにかく今いる選手を育成するしかない。我慢して我慢して使っていった結果、このような選手が出てくるんでしょう。 

これを巨人でやるには難しい。やりたくても周りが我慢してくれない。これは巨人の宿命でしょう。
ただ同じ環境である阪神は、金本監督が就任して思い切って舵を方向転換しています。
彼も広島カープ出身だからこそ、育成の重要性を身をもって体験しているから出来るのだと思います。
ただしこちらも人気球団なだけに、そう何年も待ってはくれないでしょうね。

一方の巨人のメンバーを見ると、主力は新旧交代時期に差しかかっています。
村田、阿部両選手には早急に後釜を用意しないと、来季以降、今年より更に厳しいことになります。

阿部選手はいるだけでチームにも、そしてファンにも安心感を与える選手です。が、来季もフルでは働けないだろう。
となると併用する選手を用意しなければならない。

今オフ補強で噂されるのは、ハムの陽岱鋼選手。FAをするのではないかとされているが、彼の意中は巨人と聞く。
確かに外野を見渡すと、長野、ギャレット以外は名前が出てこない。橋本にしても、打率が2割3分台では心もとない。
勝つためには喉から手が出るほど欲しい選手だが、私は獲得しないと見ている。

それはGMのこれまでの方針と、橋本の存在感だ。今のGMは生え抜きの選手、スターを育成すべき大型の補強を抑えているように見える。しかも橋本は二軍でしっかりと時間をかけて育成した選手。そして数字以上にここでの場面で目立つ活躍をしている。今後も伸びしろを感じる選手だ。
今年を成長過程と捉えれば、今は経験を積ませる投資段階というわけだ。
下には立岡もひかえている。ドラフトでも選手が入ってくるだろう。
こちらに重点をかけたほうが、巨人ファンにとっては応援しがいもあるだろう。

ただ陽岱鋼選手は台湾のスターでもあり、アジア戦略といったビジネス面を考慮すれば、これまでの補強と違った観点も必要かもしれない。親会社の意向も反映される可能性が十分あると思う。

とにかくオフの動向に注目したい。

最後に、今年広島が優勝を逃したら、また当分優勝の芽はないと思う。

勝てるときに勝つ。タイトルも穫れるときに獲る。
これが勝負のセオリーだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
85位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR