中日監督人事に思う

ファイターズがリーグ優勝しました。

まさに大谷選手の為にあったシーズンと言っていいでしょう。
この時代にあって、彼が野球漫画みたいな活躍と存在感を出している。
辛口の野村克也さん曰く「ONの再来」とは、まさにその通り。
これぞスター。
現代の子供達に夢を与えてくれる唯一無二の選手です。

ただ、おそらく来年オフにもメジャーに渡るでしょう。今回優勝に貢献し、来年はWBCに出場とシーズンで何らかのタイトルでも獲れば、もう日本でやり残したことはありません。
誰からも異論は出ないでしょう。
万を持して、メジャーへ渡ると思います。

さて話は変わりますが、今朝の各紙を見ると中日の新監督に森代行監督の昇格が濃厚とのこと。
球団の親会社、トーチュウも1面に出していましたら確実なのかもしれません。

森さんは落合さんが連れてきた方なので、やはり落合色がそのままなんですね。
確かに今の戦力で小笠原2軍監督が指揮をするのは酷なのかもしれません。
森さんでクッションを置いて禅譲と書いてありました。が、落合さんのGMとしての契約が切れる来季の1月以降は、その確約なんてあってないようなものです。

森さんの指導者としての能力は高く、特に専門である投手部門については球界でも指折りの方だと思っています。
選手と指導者としてのキャリアは申し分ないので、監督就任に関しては何の障害もないのですが、
今の中日を考えるとやはり疑問符は付いてしまいます。

個人的には新監督には中日の生え抜きが良いと思っています。
今の急速なファン離れを解消するには、第一に生え抜きというキーワードは外せません。
名古屋はどちらかと言えば、閉鎖的であり地元意識が相当強い。
この流れを食い止めるのはまさしく良きドラゴンズを象徴するOBを連れてくることでしょう。

様々な問題があるかもしれませんが、立浪や山崎武なんかその有力な候補です。
昨年引退して山本昌さんでも良いでしょうし、憲伸だって構いません。ここは思い切ったイメージ転換が必要です。
そして彼らの脇を、経験豊富な森さんなりが固めていく方が良策だと私は思います。

それが無理であれば、やはりガッツが就任した方が幾分はマシだと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
149位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR