大輔の引退

昨日は横浜の番長、三浦大輔の引退試合でした。
既に順位も決まっていたので、試合の勝敗に関係なく投げさせてもらっていましたね。

彼は、大洋からの生え抜きで、弱い時期から現在までチームを支えてきました。
私も、彼の入団1年目に一緒にプレーしたと思います。
2軍とは言え、高卒1年目からローテで回っていました。それは彼が器用だったから。
特に速い球があったわけでもない、身体能力が高かったわけでもない。
ただ、試合を作るのが上手かったのが印象的でした。
マウンドさばきも出来ており、サインプレーもそつなくこなしていました。
普通、新人では、なかなか適応出来ないものですけどね。

ちなみに私が現役時代に見た選手で、自分の読みが外れた選手はロッテの福浦、小野と、大輔です。
それなりにやっても、今の大輔の姿は想像出来なかったな。

彼の成績を見てみると、年間で一番勝っている数で12勝。
意外です。もっと勝っていると思っていました。
もちろん、チーム状況もあって不運な試合もたくさんあったでしょう。
しかし、まだ勝っていると思っていました。

でも通算では170勝以上勝っているし、それ以上に負けています。
それだけの試合に投げているということ。
それが凄い。故障が少なかったんでしょうね。

まさに無事これ名馬なりです。(そう言えば、彼は馬主でした)

そして、一途に生え抜きとして在籍したことでしょう。
途中、良い話もあったでしょう。実際にFAでの阪神からの話は有名です。
それでも残留したことが、今の大輔へのご褒美になったんでしょうね。
ファンはしっかりと見ていますから。
またトレードなどがなかったのは、彼への球団の評価と、まさに運です。

今、親会社が変わり、ベイが魅力的になっていることも彼の価値を高めました。
皮肉にも、チームが強くなったことが、彼の引退に繋がったのも事実です。

しかしあれだけファンとチームに惜しまれながら引退できたら選手としては幸せなことです。
これも大輔の人間性を表しているんでしょうね。

今は、一言、本当にお疲れさまと。
そして次は指導者として彼の姿を楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
896位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
146位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR