引退

広島の黒田が今季で引退することになりました。
シーズンで念願だった優勝をしたことで、やりきったんだと思います。
もう来季以降、投げるモチベーションはないでしょうね。

僕は彼と新人時から2年間同じチームでプレーしましたが、彼がここまでプロ意識を持っていたとは、正直全くわかりませんでした。本当によくいる新人と同じ感じでした。

それよりも彼と同期で新人王を獲った沢崎投手がほうが印象深かったですね。
とにかく真面目で律儀な男で好青年を絵に描いたような選手でした。
今は、カープでコーチかなんかをしていると思います。
同期で同い年のライバル、沢崎がいたことも黒田には刺激になったのかもしれません。

黒田で印象深い出来事と言えば、入団した年の春の教育リーグで初回に6失点したのにも関わらず、その試合完投したこと。その報は一軍にも入ってきて、みんな驚きとともにカープらしいと笑っていました。

まぁ、二軍の監督が名伯楽である安仁屋さんだったことも影響があるかもしれませんが、普通は1回に大量失点してしまえば心折れるものです。

しかし最後まで一人で試合を投げさせたカープの指導方針、そして黒田の気持ちの強さが表れているものです。こういうプロではあまり考えられない指導方針こそがカープの強さでもあり、逆にいうと脆さでもあります。
当時、特にメディカルの部分で、他球団より相当に劣っていたと思います。
二軍ではキネシオは自分で買ってきて、使用するほどです。

黒田のような強い、稀な投手が生まれる背景には、その裏には有能で将来性豊かな選手も潰れているのも確かです。
潰れているという表現は適していないかもしれませんが、球団から手を差し伸べて、大事に大事にという感じではサラサラなかったですね。
決して恵まれていない環境、そして厳しい指導、まさに人間教育が当時のカープの特徴でした。

もし過去に潰れていった選手が、違う球団であれば、やれた選手もいたでしょう。

しかし、そんなカープの厳しい競争と環境の中から出てきたのが、黒田と新井だと思います。
今のカープではわかりませんが、その当時のカープでなければ絶対にあの二人の今はないでしょう。

今回、黒田がこのようにシリーズ前に引退を発表したことで、チームの士気は上がります。
最後に黒田の最高の花道を作るべき選手の士気は自ずと最高潮になるでしょうね。

元々は多分、シリーズ後に静かに去るつもりだったと思います。
しかし最後までカープの為に自分の持っているもの全てを出したんでしょう。
まさにミスターカープです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
106位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR