オリックスSA、長谷川氏の発言について

オリックスSA長谷川氏の、講演での「日ハム監督オファー」発言の記事は興味深い話題でした。

講演の時期が、彼がまだオリックスの要職に付く前の話であれば、ここまで問題は大きくならなかったでしょうが、今月の講演であれば話は別です。

これが講演を盛り上げるためのただの作り話であれば、長谷川氏はあまりにも軽率であり、ただの嘘つきになりますが、僕のイメージである彼は、プロ野球選手らしくない非常にクレバーな人間ですから、根拠のない嘘などつく理由はないと思っています。
ただ、本当にただの嘘ならば、彼のキャリアに相当傷がつく話です。


ファイターズ側は事実無根とコメントしています。
が本当のところ、どうなんでしょう。
火のないところに煙は立ちませんからね。

シーズン当初の状態が続けば、もしかしたら監督は辞任していた可能性もありますから、球団が、後任候補の一人として、もしかしたら名前が挙がっていても不思議なことではありません。常に危機管理として、後任候補を考えておくことは当然でもあります。
実は私も以前、ある球団の監督候補を球団幹部に相談されていたことがあります。
このままのチーム状態が続けば、監督が辞任する可能性があり、その場合には誰が適任なのかと相談を受けた記憶があります。ただ、この時は、結局辞任もせずに続投しましたけどね。杞憂に終わったわけです。
ですから球団幹部は常に危機を想定しつつ、その時のために準備をしていく必要があります。

僕は言葉の使い方に双方の温度差があったとして、仮に球団がその気が無くても長谷川氏の受け取り方は違っていたのかもしれません。球界に色気のある人には、何気無い言葉でも、当人には気を持たせるような言い方だったのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
149位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR