FA

西武の岸が退団ですね。これでおそらく楽天への移籍でしょう。
時を同じくして、同じチームメートの栗山が宣言残留をしたのは面白い。
偶然でしょうけど、これで栗山の西武ファンへの株は大いに上がったことでしょう。
球団への忠誠とも取れ、将来への幹部候補としても間違いありません。
ただ栗山は、見ての通り、非常に筋の通った人間のようですので、そこまで考えてはいないのかも
しれませんね。

僕はFAとは、選手が頑張って獲った権利であり、移籍したとしても堂々としていれば良いと思っています。
確かに条件、つまり金銭で動いたと言われるかもしれませんが、プロとして職業としては当然の成り行きだと思います。
もし提示された条件が在籍球団とあまりに乖離していたら当然でしょう。

条件が、僅かな差であれば、よほど在籍球団への不信感がない限り、生え抜きでいた方が野球はやりやすいので
移籍しないと思いますね。
そこには在籍球団からの評価も絡んできます。
日ハムは、陽に対しては、球団として経営面や育成面を考えて、移籍してくれた方が有難いとさえ思える対応でした。
考えて見てください。FAで移籍する選手に「卒業おめでとう」と言うのですから。これ、私が選手だったらバカにされていると思うだろうな。これもFAの一面です。
現場の意見もあるでしょうしね。新しい選手を使いたい監督だっていますしね。

移籍する際、選手が一番気にするのは、ファンの目。
これまで応援してもらっていますから、後ろめたい気持ちが芽生えます。

しかしプロ野球は、先の見えない職業ですから、将来を考えて、少しでも良い条件を選択するのは
選手としては当たり前です。
何の保障もありません。仮に在籍球団から「将来ずっとうちでやってもらう、監督も」なんて言われれば別ですが、やり方を間違えると、それは上が変われば簡単に反故にされます。もしかすると球団の親会社が変われば、フロント陣が全て代わり、監督手形も不渡りになるでしょう。

選手には、将来の生活と家族があります。
職を失えば、応援もしてくれません。誰も助けてくれません。

だから、自分がこれまで頑張って成績を残して獲得したFA。
移籍するにしても、言葉を濁さずに、堂々と胸を張って思いを述べて欲しい。
これも野球の一部です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
751位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
102位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR