興味深く見ていきたい

今朝のニュースで目を引いたのが、メジャー、インディアンス傘下3Aの村田投手と日ハムの契約。

村田投手は、巨人のドラフト1位で入団したものの、全く活躍出来ずに3年で解雇。
普通、大学・社会人で入団して、一軍登板がないのも非常に珍しい。

何故ならば投手は、野手に比べてチャンスが格段に多いからだ。
しかも1位。アドバンテージは他の選手に比べて遥かに大きい。
そして最も驚くのは3年で解雇されたこと。
これも普通、獲得球団も恥ずかしくてなかなか出来ない。

余程、球団との折り合いが悪かったのでしょうね。相性とか。

その彼が、その後米国に渡り、メジャーを目指し下から這い上がって、メジャーで登板できたことは、
本当に賞賛に値することです。
そして今回、ハムと年俸3500万という好条件(報道)で契約出来たのは、
大袈裟かもしれませんが、まさにジャパニーズ・ドリームです。

、とここまでは、普通の感想です。

私が興味があるのが、メジャーにも登板し、ここ数年3Aで活躍していた彼が、日本球界でどれくらいやれるのか、
パフォーマンスを見せてくれるのか。

まぁ、通用するかです。
一概には言えませんが、3Aの投手としてのレベルを確認するのに一つの参考にもなるでしょう。

先ず球団を、雰囲気の良い、環境づくりの上手いハムに入ったのは正解だと思う。
プレッシャーが少ないことは、彼が注目度の高い巨人で活躍出来なかった理由かもしれないから。
そこは栗山さん、そしてコーチの吉井さんもいるのは非常に心強いでしょうね。

そしてハム側も、彼の獲得には念入りの調査をしているはずですから、それだけの自信はあるんでしょう。

僕は彼のメジャーでの登板シーンをYouTubeで見ました。
見た感じ、彼の武器はスライダーでしょうね。これが投球の軸になるでしょう。

では日本球界でどれだけやれるのか、、、、周囲は、今の報道と期待の大きさで言えば、10勝して当然のところかもしれません。

僕の評価は少し違います。
私が担当者ならば、チーム事情にもよりますが、ハムの条件では獲得しません。

でも、こういうのが野球を見る側の面白さですね。
皆んな、自分が、好きなチームの監督やGMみたいな、、、、

それより彼を獲る前に、元ロッテで今はアリゾナの中後君が魅力的です。
昨年の段階で獲りに行きました、おそらく。
何故、他チームが彼を獲りにいかないのか不思議でした。育成でも獲得出来たかもしれないのに。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
85位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR