一年目から減俸は厳しい

プロ野球選手の契約更改ですが、最近は新人選手の減俸もよく見られますが、どうなんでしょう。
減俸されるのは、大体に1位クラス、つまりは即戦力と目されていた選手です。

上の限度額である1500万ぐらいの選手に対してなのですが、普通に考えて、新人から直ぐに活躍する選手なんて
そうはいません。

よほど大物クラスでないと。そしてそのような選手が毎年出て来るかと言えば、そんな甘い世界ではありません。

先ず、彼らに必要なのは、プロ野球に慣れること。
実は、野球だけを一年間フルに過ごしたことのないので、その環境に慣れるのに時間が掛かります。

初めて経験する春季キャンプでも、あれだけ密の濃い内容を、高いレベルで、年の離れた知らない人間ばかりの中で、一日中やらされたら間違いなくバテますね、身体も心も。

特に注目度の高い選手には、毎日評論家が訪れて、あーだこーだ言われるので、それが記者経由や、新聞等で耳に入ってきて、おかしくなります。

周囲の評価をあまりに気にして、疲れていても無理をするんです。だから故障するんですよね。
まぁ同じポジションの選手は、それを見ながらも黙っているでしょう。だってライバルだから。

誰かが入ってくれば、誰かが追い出されます。それがプロです。
みんなが自分の生活がかかっていますからね。

話は戻しますが、一年目で減俸するのは少し酷な感じがします。
あくまで猶予期間として見てあげないと。

これは社会人出身でも同じです。
そう簡単にプロ野球界に適応できるものではありません。


だから最初の年俸を低くすると良いんです。
その分、契約金を高くしてあげる。その方がフェアーです。

しかし今年の巨人の一位の投手は、背番号まで変更になりましたね。
実に厳しいなぁと。
ハードルがめちゃめちゃ高い。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
726位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
106位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR