文句なしの受賞

今朝の記事で目を引くのは大谷の投打でのベストナイン獲得。
もちろん異論はないでしょう。
おそらく選手であれば、誰もが納得するものだと思います。
記者側もよくぞ、慣習にとらわれずに投票しました。
これも固定観念を破った栗山さんの影響かな?
とても良いことだと私は思います。

大谷のポテンシャルは今のところ、異次元です。
純粋な日本人(どこまでルーツを辿れば良いのかわかりませんが常識の範囲内で)で彼クラスの選手が今後出てくるか、、私が生きている間ではないかもしれません。
ハーフ選手であれば出てくる可能性はあると思いますが。(これが悪いと言っているのではありません)
やはり日本人には身体的なハンディはありますからね、、、、

おそらくですが、遅くとも(まだ今季もなくもない)来季にはアメリカに渡るでしょうから、来季は日本では見納めになるでしょうね。
意識して彼を見ておきたいですね。

ちなみに正力賞は栗山監督でしたが、これも異論なし。彼の描いた最高のシナリオが今年一気に完結した感じです。
この賞は栗山さんが自ら描き、勝ち取った功績だと思います。

尊敬する三原さんに少し近づかれたんじゃないですか。
私は今年のプロ野球のMVPも栗山さんだと私は思っています。
それぐらい、プロ野球の固定観念をぶち破ってくれたし、リーグを盛り上げてくれました。
その裏には相当なプレッシャーがあったと思います。

栗山さんと大谷の関係は、今後も強いつながりが続くのだと思うし、特に大谷にとっては彼の野球人生において重要なキーパーソンになると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
149位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR