野手「大谷」

記事によると、ファイターズがパドレス元GMを招聘しました。

この招聘には大きな意味があると私は思います。
近々で言えば大谷のメジャー移籍に関わること。
やはりメジャーに精通している人物を招くことで、来季に控えたポスティングで、
今の状況より少しでも良くしたいとの意向があるでしょう。
言わば、ロビー活動に近いものではないでしょうか。


さてその大谷選手。来季が日本でラストのシーズンです。

しかしあくまで人間がやること。
全てが順調に行くとは限りません。

故障も怖いですが、私は来季は彼への攻め方、つまりは打者大谷の攻め方が変わってくると思うのです。
今までは投手としての大谷があったので、各球団もいまひとつ厳しく攻めきれなかったように思います。
しかし今年の野手での成績を見る限り、彼は打者としても一流。
今後は一人の打者として対峙されることになるでしょう。

彼を抑えないと勝てません。これはバッテリーとしては大きな命題になります。
となると他の主力打者と同じように、厳しく攻めてくるでしょう。
もちろん内角を攻めますから、その結果死球もあり得ます。
これは主力打者が誰もが通る道ですけどね。

投手側も、これまでは多少遠慮があったと思います。
しかし、このままでは終わらないでしょう。
コーチだって指示をするはずです。

投手には外国人もいますしね。

ちなみに投手側で言うと、あれほどの選手に投げるには、それなりの覚悟がいります。
普通に攻めても打たれますし、そうなれば厳しいところに投げなければいけません。
もちろん当てるわけではありません。彼が動くようなボールでしょうね。

もちろん彼を抑えないと、この世界で飯を食えません。
まぁ、これはどんな打者でも同じですが。

おそらくですが、今、各球団のスコアラーが、大谷対策を必死に講じています。

打者大谷は実は投手大谷より、評価が高いとも聞きます。
勝利への貢献度を言えば、打者の方が高いのはわかる気がします。

僕が心配するのは、そのような中での彼の怪我です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
751位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
102位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR