コーチ人事

今オフも球界では多くの人事がありました。
現役選手で言えば去る人、来る人。
しかしコーチもそれは同じ。
基本一年契約なので、立場は選手と同じになります。

特にコーチは他力だし、評価が難しい。
上が変われば、どんなに選手を育成していても代わらざるを得ないことがある。
これは政治的な要素も含み、本人の力ではどうしようもない。

監督から「あいつは何とか残してやってくれ」と言われれば、
例え指導力が欠如していても何らかのポストに残ることになる。
その分、本当は残さなければならない人材がはじき出されてしまう。
椅子取りゲームと同じです。

普通に考えれば、チームが強くなるためにはどちらかが良いのかは、幼稚園でもわかるものです。
しかしこれが現実。これが組織なのかもしれません。
上に覚えの良いものが残っていく、、、これが球界の昔からの慣習です。
そして、そういう類の天才がいるものです。野球の天才ではなくてもね、、、これも才能です、立派な。
これは皆さんの職場にもいるでしょう、、、。

何故、こういうことを書くとか言えば、このオフに私の知人コーチが偶然にも数人、そういう立場に追いやられたから。
情熱を持って若い選手を育成していたし、故障者も復活させたし、、、、。

本当にチームを強くしたいんだろか?
ふと、寂しくなりましたね。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1073位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
140位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR