プロ意識

プロ意識の高さ。先日、ソフトバンクの和田投手の記事を読んで改めて感じました。
現在自主トレをしているようですが、利用している2軍施設が福岡市内より車で1時間ほど掛かるので、往復にハイヤーを使用しているとのこと。
まさにプロ意識の塊ですね。おそらくハイヤーですから、練習している時間も車は待っていることでしょう。
つまりはこの時間と期間、彼はハイヤー会社と契約していると思います。これはそれなりにお金が掛かるはず。

しかし身体が資本のプロ野球で、まさに自分への投資。これは経営者目線からしても、非常に賢明な選択です。

練習がハードになると、さすがに運転の往復2時間はしんどくなります。
練習後に風呂に入ったり、マッサージを受けた後に車を運転すると、やはりそれまでの効果が薄まる可能性もあります。
眠くなることもあるし。、仮に渋滞にハマれば、それはそれでシンドイし。
渋滞の時間帯を避けようとすれば、練習シフトを変更しなければならず、100%集中できないことも考えられます。

つまり、彼は野球に集中するように全て環境を整えているんでしょう。
これは、通勤だけではなく、おそらく私生活全てにおいてそこまでストイックなんだと思います。
まさにプロ意識の塊です。
元々、大学時代から野球への取り組みへの素晴らしさは有名でした。当時、フォークの神様である杉下さんが、彼の練習方法を褒めていたのを覚えています。

ただ、運転が大好きな選手もいます。車の中が気分転換の場所であり、音楽を聴いたり、歌を歌ったりと、リラックスする自分だけの空間であることも事実です。これは選手の好みと言うかライフスタイルの問題とも言えますね。

和田投手のように高額年俸でない選手に真似ができないこともしれません。
しかし和田投手クラスが自分の身体に対してそこまでストックに向き合っている事実を知るべきです。
であれば、若い選手やキャリアのない選手は、自分で出来る範囲で、彼を上回るほどの内容と時間を使って野球に取り組まないと、和田投手に近づく、追いつく事は到底できません。

もちろんやれば必ず結果が出る世界ではありませんが、まずやらないことには勝負の土俵にも上がることも出来ないのも事実です。
他人と同じように楽しく、それなりに、何となく、やっていても、余程の才能の持ち主でなければ一掴みの選手にはなれません。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
85位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR