伝授

巨人の阿部、小林の両選手が合同自主トレを行っていました。
ニュースでは阿部選手が小林選手の頭をバリカンで刈るシーンなどが面白おかしく取り上げられていましたが、
この自主トレ、大いに意味があるものです。

あくまで私が想像するに、小林選手は能力は高い選手で、チームの正捕手に育って欲しいと球団の誰もが期待していることでしょう。
彼が正捕手に収まってくれれば、チームは落ち着きます。もっと言えば、この先数年は捕手に困ることはありません。
巨人が強い時期には必ず正捕手がどかっと座っているものです。これは巨人に限りませんけどね。

しかし、どうでしょう、アマでずっとエリート道を歩んできた小林選手は、どこかスマしているようにも見えました。
投手陣とも上手くコミュニケーションが取れていなかったようにも感じました。
それは、彼のエリート所以の弱点だったかもしれません。ポジションによってはそれも良いですけど、捕手では不味い。
しかもまだ認められるところまでキャリアもありませんし。

しかし今回、捕手として巨人を支えてきた阿部選手が彼を連れて行ったことで、行動に大きな変化が出てくるかもしれません。

阿部選手だってアマの大物として入団するも、当初は壁にぶち当たっていたはずです。しかもその時の主戦投手が工藤さん、桑田さんなど、一癖も二癖もある選手ばかりです。
「あいつと組むの嫌だ」なんて言われるのも、しょっ中だったと思いますよ。
しかし、その中で、彼なりに自分から歩み寄ってコミュニケーションを取り、認めてもらえるところまで掴んだはずです。
その経緯、大変さを知る阿部選手だからこそ、小林選手への物足りなさを十分わかっていたと思います。
バリカンの頭を刈ったのも、小林くんの性格を一度壊すためにも、イメージ戦略から変えたものだと思います。

今回の合同トレーニングは、おそらく球団から阿部選手にお願いされたように思うし、小林選手にも促されたのではないでしょうか。

阿部選手も今のチーム状況を考えて、優勝するには小林選手の成長は不可欠であり、またそれができる選手だと思っているからこそ、貴重な時間を使って小林選手と費やしたと思います。

プロの世界ですから、普通は競争相手に自分の技術など教えたりしません。

しかし、阿部選手クラスになると、そこは関係ありません。
それもまた巨人の伝統なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
211位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR