今は過程段階

阪神金本監督が、藤浪投手に内角をエグれ指令。
意図的に荒々しく、胸にキッチリ、、、、等々と。

確かのその通りで、打者からすると、どこに投げるかわからない投手ほど怖いものはない。
球が速く、抜けてくるような投手であれば尚更です。
しかし、本人に悪気はなく、技術的な問題であれば、打者も文句は言いづらい。
こんな投手ほど、皆んな一番厄介で、大嫌いです。

今の藤浪投手なんて、その最たるもんでしょう。
手足も長く、打者が打席では相当近く感じるでしょうから、仮に1球目に内角へ抜けるようなボールがあれば、効果覿面でしょうね。

打者も生活がかかっているので、その打席、試合を捨てても良いと思うものです。
今は打者もガード類をたくさんつけていますが、藤浪選手クラスの荒々しさは大きな武器になります。
それを打者として重々わかっている金本監督だからこそのコメントだったんでしょう。

しかし、藤浪投手自身からすると、そんな荒々しさは本意ではないはずです。やはり一流と言われる投手というのは、コントロールが良く、自分の狙ったところに投げて打ち取ることが基本条件です。

今は、その転換期に来ているかもしれません。

彼の場合、身長もあり、手足も長いので、自分自身コントロール出来ていません。
身体の軸がまだしっかりと出来ていないのでブレるのは仕方ありません。
でも、これは身体の成長であり、いずれ時間が解決してくると思いますね。
あくまで即席では無理です。

だからこそ、今は自分が出来ることに集中し、先を見据えたトレーニングで構わないと思います。
その一環がダルビッシュ選手との合同トレーニングだったりしたんでしょう。

まだ彼はまだまだ発展途上の投手で、今はあまり過度な期待と注文をしないほうが先々に良いかと思います。
しかし彼の身体が出来上がった時には、想像以上のパフォーマンスを見せてくれるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
85位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR