苦渋の英断

大谷くんがWBCを投手としての出場を辞退するそうです。
故障の程度は分かりませんが、この時期まで悩んだ末の苦渋の決断だったと思います。

説明したのは栗山さん。
今回は最終的には球団からのストップだったんでしょう。しかし、こういう言いづらいことを矢面に立って監督自らが発言しているのは選手を守っていること。同じく辞退した中島君の時もそうですが、こういう時の球団、そして監督さんの行動は本当に素晴らしいと思う。
発表のタイミング含めて、メディア側にいた栗山さんだから出来ることだと思います。

おそらくマスコミは、「日ハムのエゴ」とか「非協力的」と批判的に書くところもあるでしょう。
これも栗山さんは十分承知の上で大谷選手を守ってくれたと思います。
だって選手には人生と生活が掛かっています。
無理をすることで、この先の野球人生を棒に振ることも十分あります。

確かに怪我をうまくコントロール出来る選手もいますが、まだ中島君も大谷君もそこまで選手としては成熟していません。しかも若いだけに彼らの意思に任せていると、「行けるか」と言われれば、当然「大丈夫です」と言うはずです。
そこを分かってのストップなんでしょう。
日ハム、良いチームですね、、、こんなチームであれば、選手もやりがいがあるでしょう。

日本チームとしては、彼の投手としての辞退は大きな痛手です。
しかし、こればかりは致し方ありません。
全員でカバーしていくしかないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
671位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
109位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR