また出てきた、新星が。

今年のベイは楽しみな新人が続々出てきています。まさに豊作の年になりそうです。

ラミレス監督に「ビッグインパクト」と言わしめたのは、育成1位の笠井投手。
韓国との練習試合で4連続三振の快投です。
その時の映像がユーチューブで出ていたので、見ましたが、確かにストレートが伸びており、各
打者が完全に振り遅れています。

力で押すスタイルなので、監督の言う通り、起用はリリーフでしょうね。

ただ少し気になるのは、ボールがほとんど高めであること。今回、相手が韓国のチームでしたが、韓国野球の特徴として、打者はフルスイングする傾向があります。中途半端なスイング、ファールを狙うようなスイングをしないので、そこは差し引く必要があるでしょうね。
高めに投げることが悪いと言うことではありません。彼の特徴であるホップするボールであれば高めが有効であるのは事実。しかし毎回この調子が続く訳ではないので、仮に調子の悪い時に変化球を含めて、いかに低めに丁寧に投げられるかどうか、、、そこは今後みてみたいものです。

日本球団であれば、ボールを手元まで引き付けたり、ファールで稼ぐ選手もいますので、その時にどう対処出来るか。ですから落ちるボールなどの、変化球の精度がどれくらいなのかも見ものです。

新聞にも出ていましたが、タイプ的には日ハムの谷元投手に良く似ていますね。少し前であれば同じく日ハムの武田投手かな。二人に共通しているので、真っ直ぐが浮き上がるような感じ。ライジングボールを武器にしていることです。

その一方、ドラ1位の濱口投手も登板していました。彼は投げ方に非常に特徴がありますね。打者は最初、そのフォームに翻弄されると思います。タイミングが取りづらいのではないでしょうか。
しかも角度があるしボールも強い。十分に上で勝負出来る能力があると思います。流石にドラ1位です。

似ている選手を挙げるとしたら巨人時代の岡島投手でしょうか。ただ彼よりもスケールは大きいように思います。

彼らが一年間活躍してくれることが一番でしょうけど、一時期でも良いので、バックアッププレーヤーとして働いてくれれば首脳陣としては十分のはず。今年はプラスアルファの存在で良いんです。

最近、横浜を書くことが多いのですが、それだけベイが楽しみであり、強くなりつつある証拠かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
163位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR