WBCの温度差

この温度差は何なんだ。

今朝、某公共放送のラジオを聞いていたんですけど、その中で、ニューヨークの特派員の話でWBCの話題を取り上げていました。
それによると、現地の野球ファンの間で関心はそれほどなく、あくまで親善試合程度の認識であり、大会自体を知らない人も相当数いるらしいそうです。

彼らの一番の関心ごとは、自分の贔屓チームのキャンプであり、あくまでシーズン開幕なんだそう。

その理由としては、世界中から優れた選手が集まるのがメジャーリーグであり、そのナンバーワンを決めるのがワールドシリーズであると言う彼らの野球文化があるそうです。

そして日本もそうですが、メジャーに在籍する各国のエースは、シーズン前の故障等を考慮して、所属球団が参加させていないことも大きな要因なんだそうです。

これは以前日本でもあった、日本シリーズ後にある、韓国や台湾のチームと間で行う、アジアシリーズみたいなものでしょうか。確かに各国の優勝チームが試合をしてアジアチャンピオンを決めるものですが、我々日本の人は、そこまで熱狂していなかった。
もうシーズンが終わった後であり、まさしく親善試合の位置付けだったように思います。

おそらく米国でも、そのような感じなのでしょうね。

しかし、日本にとっては野球界の発展、そして野球人気の為にも、勝つことが絶対条件です。
ですから、小久保監督なんて、最近見ていると悲壮感さえ伺えます。

何なんだよ、この温度差は。、、、、。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
95位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR