本音解説

ふとテレビ観戦をして、思ったのが解説。
今回、WBCを解説していたのが、元巨人の原監督や、去年現役を辞めた黒田氏など豪華なメンバー。
特に黒田氏の解説は、細かい投手心理を話してくれるので非常に分かりやすく、新鮮さを感じます。
さすがメジャーを経験した選手。説得力が違います。

原さんも、正統派というか王道を歩まれてこられた原さんらしく、若大将的な解説で聞いてて実に気持ちいい。

と聞きながら思ったのが、もし解説陣が、テレビに関係なく、本音で話したらどうなるか。
当たり前ですがテレビでは相当に言葉に気をつけて話をしています、皆んなね。
当然と言えば、当然ですが普段話すときは、もっと単刀直入です。

と言うのも、僕らが現役時代、選手同士で野球に関して話すときは、思いっきりストレートど真ん中です。
余程でない限り、褒めるなんてことはありませんでした。
例えばイチロークラスになると誰もが逆に認めますけどね。そこは本当にいさぎいいんです。ただ、あくまで手の届かないところにいる選手のみです。別世界にいる選手。当時の伊良部投手のスピードとか、、、もう全然違う世界の選手のみ。

しかし辛口になるのが、別にそれが悪いことではなく、野球界の中での普通の共通語だった思います。プロですから安易に相手ばかり褒めているのは社交辞令か、もしくは素直すぎる選手。プロにくる選手は負けん気の強い選手の集団ですから、そう簡単に相手を褒めませんし、認めません。(ポジションが違えば全く別問題ですけどね)

やすやすと認めていたら、この世界をやめるしかありませんし。
気持ちだけでも意気がっていたいのは誰もがそうです。

そこで、普段、話していることをそのままお茶の間で話したら、それはそれで新しい面白さが出てくるかなと。
裏解説ではないですが、毒蝮三太夫さん風にね。
古田さんなんか、クールで強気で、クレバーな方ですから、辛辣な言葉が出てくると思いますし、谷繁なんかは普通に厳しいでしょうから、きっと面白いと思います。

そうですね、裏前田なんていうのも面白いでしょう。
「詰まってヒットになって喜んでいる選手の気持ちがわからん。勝負には負けとるのに、、、」なんて職人風に言ってみたりして。まぁ、これは前田だから許されるコメントかもしれません。

テレビでは実現不可能ですけど、それもまたありかなとフト思った次第です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
751位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
102位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR