お見事

WBC、準決勝進出ですね。
戦前の厳しい評価を選手とベンチが覆した結果です。
お見事です。
勝つことしかない大会ですから。

中国戦以外は、どれも厳しい戦いで、本当に紙一重の内容だったと思います。
その中で勝てたのは日本チームの勝利への執念と、スタジアムでのファンの熱い声援だったと思います。

今日の紙面では小久保監督を讃える記事が出ていますが、あれだけ酷評していたのがまさに手のひら返し。
よくこれだけひっくり返せるものだと感心します。

しかし、これもまだ道半ば。これからが本番です。
前回も準決で敗退していますから、今回も同じ結果になったら、また手のひら返しが始まるでしょう。
まぁ、これもプロ野球の一部でしょうか。

今回のラッキボーイは間違いなく小林捕手でした。
俗にいう、彼は持っていたんですね。
昨日のボテボテがね、、、、、。観ていてコミカルでした。その佇まいが。
そして彼を正捕手と位置付けた小久保監督も持っていたんです。

私がこの予選で観た中で思ったのは、各チーム野手に関してはグローバル級の選手が出場しましたが、こと投手に関しては、主力とそれ以外の選手に大きな実力の差があったように思います。
ここが一つの肝でした。
しかも球数制限がありますから、長いイニング、連投も出来ません。

主力でメジャー球団に所属する選手のほとんどが、該当球団が出場させませんでしたら、自ずとそうなるのでしょう。
条件はどこも同じですから、
そこが、この大会を勝ち抜くための大きなキーだったと思います。

もう一つ、今大会でメジャースカウトが評価をした日本人選手?を僕なりに想像すると、、

基準は今もらっているサラリーを上回るだろう選手として考察すると、、
菅野投手、石川投手、そして千賀投手も入るでしょう。
野手では、、、今の所、僕の中ではいません。
最初の条件がバックアップで良いのであればいますけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
645位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
88位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在1人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR