乱闘は野球の華

乱闘は野球の華、、、と言ったら叱られそうですが、やはり見ていて面白い。盛り上がる。
お互いが真剣だからこそ、生まれる軋轢であって、試合で戦っている選手同士が塁上でヘラヘラ話している姿よりは、遥かにマシです。

その昨日の阪神藤浪投手の投球シーンですが、そりゃ、あんなところにボールが来たら打者は怒ります。しかも、その前に何度も危険なボールがあったわけでしょう。

5回まで8死球ならば、ヤクルト側が怒るのは当然です。
逆に怒らないと舐められて今後も厳しいところを突いてくるでしょう。

しかし、藤浪投手は、以前からこういう投球、右打者に抜けるボールが多かったですね。
ただ、故意でないことが、たちが悪い。

抜けるボールは最大の武器です。
ボールが頭付近に来るかも、、、なんて思えば打者は当然踏み込めません。
特に右打者は、恐怖から踏み込めないでしょう。

仮に藤浪投手が制球を修正出来たとしても、当分は怖いイメージが打者から拭い去れません。
いつかは来るだろうって、思うものです。

これは、ある意味、藤浪投手の最大の武器とも言えます。

その乱闘シーン。もみくちゃになったところで、阪神高代コーチとヤクルト福地コーチが掴み合いをしていました。
この二人、広島時代にコーチと選手の間柄です。

この二人がヒートアップしているのを見ていると、現役時代に福地は高代さんに恨みでもあったんかなぁ?と勝手に思ってしまいます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
100位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在3人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR