数値化

NHKのMLBで、今年からスタットキャストが取り入れられています。
これは、様々なデーターを瞬時に細かく数値化するものです。
確か軍事関係に使用していた機器だと聞いたことがあります。

見ている側には面白いものですね。

その詳細は置いといて、このデータを数値化することによって、これまで選手がコメントしていた体感速度を
データーとしてはじき出すことになります。
よく打者が、この投手はスピードガンよりも速く感じる=ボールの回転数が多い=球が伸びるという図式になると思います。
なるほど、、、と思わせてくれますね。

現場側で投手に限って言うと、これによって、その選手の特徴や欠点が分かって来ます。
スピードがありながら、打たれてしまう選手は、フォームだけでなく、回転数を増やす練習をする等々。

逆に、今埋もれている選手の特徴がわかれば、それを生かしたスタイルに変えるとか。
実は本人も周囲も長所が分かっていなかった、、、なんてこともあるでしょう。

これはトレードで、選手を獲得するとき、もしくはドラフトでも使えます。
磨けばダイヤになる原石がアマにいるかもしれませんからね。いや、いるでしょう。
スカウトだって、今まで言葉で表すのが難しいところに、数値化出来れば上にプレゼンしやすいし、
根拠にもなります。要はトライする価値が出て来るわけです。

ただし、勘違いしてはいけないのは、全て目に見えるもの、数字だけが絶対ではありません。
データーが万能ではないことは付け加えておきます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
85位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR