配置転換

横浜は抑えの順番を代えましたね。
開幕してまだ2週間ほど。
たった2回の失敗で変更するなど、、、、と周囲は言うでしょう。

特に投手経験者で、リリーバーを務めたことのある方は苦言を呈すると思います。
やはり抑えとは、誇り高きポジションであり、プライドこそが自分を支えているところが大きいですから。
監督との信頼がなければ、務まるところではありません。

普通は、シーズン終盤あたりで、失敗が続くことで、初めて配置転換をするものです。
それぐらいに監督も起用には気を使うものです。

それをこの段階に変更に至った理由とは、、、。

先ずは代わりの投手がいること。周囲が納得する存在がいることです。
そして昨年、山崎投手を使い続けて試合を何度か落としていること。
また、チームに若い選手が多く、山崎投手もまだ3年目と若いこと。
発展途上であるので、考え方が保守的ではないので、何でもしやすい雰囲気があること。

そして一番大きいのは、ラミレス監督が今年、本気で優勝を狙っているので、今のうちから勝てる試合を一つでも落としたくないことではないでしょうか。

おそらく後ろの投手に関しては、調子を見て、柔軟に対応させていくのだと思います。
外国人投手の扱いはラミレス監督であればお手の物でしょうし、山崎投手へのケアもしっかり出来ていると思います。
山崎投手も内心悔しいでしょうが、今後登板を重ね、結果を出していけば、また取り戻せるはずです。
彼の人間性から見ても、これで、ふて腐れるような選手でもないでしょうし。

ラミレス監督の本気度の表れです。
普通の監督ならば、なかなか手を打てないところです。

横浜、やはり今年は楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
985位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
141位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR