配慮

アマの試合で気になる記事が。

早実と、熊本の秀岳館との試合の最終回、後一人の場面で、秀岳館側が清宮君と勝負する為に、前の打者を敬遠したことに対してのものです。その前にはベンチが伝令を出して投手に確認しています。
勝っていて、わざわざ前の打者を敬遠をして、強打者を迎えるなんて普通の試合ではありえません。

理由はその投手が試合前から清宮君と勝負したかったので、甲子園でも当たる可能性もあり、ベンチもさせてあげたと監督はコメントしていました。
またこの試合は、公式戦ではなく、招待試合で、熊本のファンも清宮君の打席を見たかっただろうとのコメントもありましたね。

確かに熊本のファンも清宮君目当てがほとんどでしょうし、彼の打席を1打席でも多くみたいのは正直なところ。
双方の監督は早稲田大学の先輩後輩でもあり、この間もコミュニケーションが取れているのでしょう。
そしてこの試合が地元テレビ局が主催の招待試合で、興行的要素も強い。だからこそ早実を呼んだわけですしね。

ただ一つ言えば、試合途中、いや、前の回でこの展開が読めるわけなので、どうするかを決めてあげていれば良かったと思いますね。
だって敬遠された選手は、そりゃ悔しいですよ。大勢の観衆の前で屈辱を受けたわけですから。
であれば、伝令などで試合を止めず、そしてあからさまな敬遠などせずに、普通のフォアボールにすれば良かっただけです。
それぐらいの技術はあるはずです。
それが仮に敬遠気味でも、周囲の受け取り方は全然違います。

高校野球ですから、それぐらいの配慮はあっても良いとは思いましたね。

監督さんは、パフォーマンスではないと言われていますが、私には、みんなにその意図を見せるべく見せたものだと思いますが、、、、。

そして、この監督さんの「甲子園で当たる可能性があるから勝負させたかった」とのコメント。
これは、熊本県の全高校球児とチームの監督さんは覚えておかなきゃ。
是非とも、肥後もっこすの意地を見せてもらいたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
元プロ野球選手のブログ。
現在、セカンドキャリアとしてプロスポーツ選手のエージェントを務める中で感じたことを綴っています。自分の選手としての経験と、エージェントして現場に身近にいる人間のブログ。

最新トラックバック

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
229位
アクセスランキングを見る>>

ブロマガ購読者数

現在2人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR